« 主権者が民主政治を創る 参議院選挙を終わって | トップページ | 消費税増税を掲げて敗北した民主党は、その敗北を認めた。ならば、民意に応えて、消費税増税を撤回する!! これ以外に民主党の起死回生への道は無いのではないか。 »

市民の力で核兵器を禁止 核廃絶広島会議

「2020核廃絶広島会議」(主催=平和市長会議、広島市)が28日、広島市で始まりました。国内外の132の都市・団体・機関から199人が参加(午後5時現在)。5月のNPT(核不拡散条約)再検討会議の到達を踏まえ、核兵器禁止条約の締結・核兵器廃絶の実現を目指し交流しました。

核兵器禁止条約の実現に取り組む、中堅国家構想名誉議長のダグラス・ロウチ氏(元カナダ上院議員)が「今こそ核兵器禁止条約を」と題して基調講演しました。

ロウチ氏は「今年のNPT再検討会議で、国際的な核兵器禁止の実現への取り組みを明文化させた。核廃絶を求める人々のたたかいの礎となる」とその成果を強調。「核兵器廃絶の条約を締結するのは国家だが、核兵器廃絶を実現するのは市民の力だ。被爆者の苦しみを受け止め禁止条約を実現しよう」と訴えました。

市民対話集会では、「核廃絶!ヒロシマ中高生署名キャンペーン」などが活動を報告しました。

核兵器を生み出したのは人間です。人間の責任でこの核兵器を廃絶しなければなりません。それはまた、人間の努力で可能です。出来なければ、人類には滅亡あるのみです。

多くの政治家、政党はどれ程の自覚と責任を感じているのでしょうか。

|

« 主権者が民主政治を創る 参議院選挙を終わって | トップページ | 消費税増税を掲げて敗北した民主党は、その敗北を認めた。ならば、民意に応えて、消費税増税を撤回する!! これ以外に民主党の起死回生への道は無いのではないか。 »