« 党首討論開き論戦を 4野党、首相に申し入れ | トップページ | 日本はギリシャのように、財政破綻しないよ。 菅首相、ウソをついては権威丸ツブレよ。  »

1滴の血液からでもiPS細胞 体のいろいろな細胞に変化するiPS細胞

体のいろいろな細胞に変化するiPS細胞(人工多能性幹細胞)を従来より簡単で早く安全に作る技術を、慶応大医学部の福田恵一教授らが開発した。1滴の血液からも作れ、必要な期間も3分の1程度に短縮できるといい、医療への実用化に一歩近づいた。

今回の方法ではまず、人から血液を採取して、リンパ球の一種、T細胞を活性化させて培養する。そこに4種の遺伝子を一時的に入れて、iPS細胞を作った。1滴の血液でも十分だった。

今後再生医療への応用や病気の研究が進むことが期待される。現代は日進月歩の時代である。

専門家までは行けなくても、現代に生きるものとして、市民としても、現代科学の到達点を知ることは大変嬉しいものである。

|

« 党首討論開き論戦を 4野党、首相に申し入れ | トップページ | 日本はギリシャのように、財政破綻しないよ。 菅首相、ウソをついては権威丸ツブレよ。  »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/48773710

この記事へのトラックバック一覧です: 1滴の血液からでもiPS細胞 体のいろいろな細胞に変化するiPS細胞:

« 党首討論開き論戦を 4野党、首相に申し入れ | トップページ | 日本はギリシャのように、財政破綻しないよ。 菅首相、ウソをついては権威丸ツブレよ。  »