« 日米声明見直し求める 沖縄県議会が決議・意見書を可決 菅民主党の政治生命の終焉 | トップページ | 比例票 ”二大政党ばなれ”鮮明 死票で成り立つ「小選挙区制」の欺瞞、虚構性!! »

主権者国民が消費税増税に「NO!」 菅民主党の独裁政治を阻む。

参議院選挙が終わった。

世論に逆らい、大企業減税穴埋めのための消費税増税10%、米軍新基地の押し付けを進めようとする菅民主党政権に「NO!」と、有権者の厳しい審判が下された。

先の衆議院選挙で悪政の権化、自公政権に「NO!」と審判を下したのに続いて、国民は、主権者として、賢明なる洞察力を発揮し、かつ確固たる意志を示したのである。

#今回の参議院選で、自民党は比例区における低落傾向に歯止めがかからず、過去最低の議席数を記録した。(blog「きまぐれな日々」)

螺旋状ながらも、平和と民主主義を理念とする日本国の基本法、日本国憲法が命ずる日本の民主政治を、今、日本国民は主権者としての責任を自覚しながら模索し、一歩、一歩とその実現を追求しているのである。

財界に操られるテレビ・商業紙の世論操作にも抗しながら、主権者国民は互いに情報を交換し合い、国民本位の政治を実現しようとしている政治家、政党とともにたたかい、今回の快挙を成し遂げたのである。これからが日本の民主主義を実現するための主権者国民の手による本物のたたかいが始まるのである。

|

« 日米声明見直し求める 沖縄県議会が決議・意見書を可決 菅民主党の政治生命の終焉 | トップページ | 比例票 ”二大政党ばなれ”鮮明 死票で成り立つ「小選挙区制」の欺瞞、虚構性!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/48858412

この記事へのトラックバック一覧です: 主権者国民が消費税増税に「NO!」 菅民主党の独裁政治を阻む。:

» ジョージ・オーウェルの『1984年』を2010年に再訪 [マスコミに載らない海外記事]
Richard Mynick 2010年6月12日 大衆的語彙の中に初めて登場して以来、“オーウェル的”という言葉は、典型的な“全体主義国家”の姿を呼び起こす。秘密警察だらけの一党独裁、自国民をスパイし、異議を唱える連中を弾圧し、恣意的逮捕や、囚人の拷問を行い、永久戦争を遂行し、ご都合主義のために歴史を書き換え、自国の... [続きを読む]

受信: 2010/07/12 23:12

« 日米声明見直し求める 沖縄県議会が決議・意見書を可決 菅民主党の政治生命の終焉 | トップページ | 比例票 ”二大政党ばなれ”鮮明 死票で成り立つ「小選挙区制」の欺瞞、虚構性!! »