« 衆院比例80削減案 民主、得票42%で議席68% 一党独裁化 | トップページ | 庶民の暮らしを守る 即効薬 消費税増税ストップ!! この一票で意思を示せば実現出来る。 »

ビジネス職場で英語“公用語化” 続々

“共通語”は当然、英語だ ネット通販大手「楽天」の三木谷浩史社長(45)が社内公用語を英語にすると宣言したのに続き、カジュアル衣料チェーン「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングも2年後の英語“公用語化”を決めた。「ここは日本だ!」と叫びたい人も多いだろうが、専門家は「経済状況からも、日本企業にとって英語は不可欠」と断言。「明日はわが身」と、いまから勉強を始めるほうがよさそうだ。

三木谷氏は先月30日、東京都内で会見し、社内の公用語を2012年中に英語に完全に切り替えると発表した。三木谷氏は「世界企業に脱皮するには英語が必要と判断した」と理由を説明。同時に発表した今後の国際事業戦略についても、英語で説明を行った。三木谷氏は経済誌「週刊東洋経済」の取材にも「2年後に英語ができない執行役員はみんなクビです」とまで発言している。

---------------------

経済、ビジネス等が国境を越えてグローバルに相互交流して行われるのが21世紀です。当然言葉が必要になります。現実には英語が使われる場合が多いわけですから、英語の力がものをいうのでしょう。これからは日本の若者達に英語を学べる機会を保障することが益々必要になりました。外国語を学ぶことは、逆に日本の文化を対照的にしっかりと見ることになるでしょう。いいことだと、思います。新しい時代、日本からも世界市民がドンドン育って行くのだ。

|

« 衆院比例80削減案 民主、得票42%で議席68% 一党独裁化 | トップページ | 庶民の暮らしを守る 即効薬 消費税増税ストップ!! この一票で意思を示せば実現出来る。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/48788405

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネス職場で英語“公用語化” 続々:

» WEBマーケティングとSEO対策について [マーケティング.biz]
WEBマーケティングとSEO対策について [続きを読む]

受信: 2010/07/05 10:13

« 衆院比例80削減案 民主、得票42%で議席68% 一党独裁化 | トップページ | 庶民の暮らしを守る 即効薬 消費税増税ストップ!! この一票で意思を示せば実現出来る。 »