« 自分の払った血税で自分の首を絞める 自殺行為 累積される自己嫌悪 政党助成金の理不尽さ | トップページ | 夏は魚の季節 »

過労死予備軍700万人!! 全国の過労死遺族が交流  明日はわが身の切実な問題だ

過労死した人びとの家族が全国から集った学習交流会が17日、京都市内で始まりました。大阪過労死を考える家族の会主催で、2日間の日程です。各地から約50人が参加しました。

森岡孝二・関西大学教授が講演。このなかで「日本の働きすぎの元凶は、家事労働もせず長時間のサービス残業も辞さずに、会社に能動的生活時間のすべてをささげて妻子を養う男性稼ぎ手に範をとった正社員モデルだ」と述べ、週60時間以上働く「過労死予備軍」と言える就業者は自営業者や家族従業者を含めれば700万人以上いると指摘しました。サービス残業解消型のワークシェアリング(仕事の分かち合い)を提起しました。

会場から、息子を亡くし初参加した女性が発言し「同世代の子どもを持つ親から、子どもの働き方が心配でならないという話をよく聞きます。過労死を防ぐ方向に持っていかなければならないと思います」と訴えました。

|

« 自分の払った血税で自分の首を絞める 自殺行為 累積される自己嫌悪 政党助成金の理不尽さ | トップページ | 夏は魚の季節 »