« ニャンコにも愛情、あせらず、ありのままに | トップページ | 1滴の血液からでもiPS細胞 体のいろいろな細胞に変化するiPS細胞 »

党首討論開き論戦を 4野党、首相に申し入れ

「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-07-01/2010070101_02_1.html

によると、

日本共産党、自民党、公明党、みんなの党の野党4党は30日、国会内で国会対策責任者会議を開き、菅直人首相に対し、参院選投票日までにできるだけ多くのテレビ局で党首討論を行うよう求める「申し入れ」を確認し、民主党の樽床伸二国対委員長に送付しました。

会議後の共同記者会見で、日本共産党の笠井亮衆院国対副委員長は「選挙期間中の党首討論は、各党がどんな政治を実現するのかを堂々と論じ、有権者に争点を明らかにしながら審判を仰ぐという点で、政党としての責任だ」と強調。消費税増税問題で菅首相自身が発言を「修正」したり、民主党幹部・候補者の間で賛否がバラバラであったりする状況の中で、党首が責任を持って重要問題を論じ合うことが必要だとして、「党首討論を逃げたり、つぶしたりするというなら、選挙で国民の信任を求める前提を根本から欠き、民主主義を破壊するような異常な事態になる」と述べました。

日本共産党の志位和夫委員長は6月17日、菅首相が所信表明演説に対する予算委員会での質疑を受けないまま、通常国会が終了したことなどを受け、各政党に対し、参院選に向けた党首討論を積極的に開催するよう求めていました。自民党の川崎二郎国対委員長は会見で、「共産党の申し入れをうけ、公明党とも相談してきた経過から、あうんの呼吸で今回の会談となった」と述べました。

------------------------

選挙戦に入り、主権者でもあり、選挙民でもある国民は、今最高に自分の政治に関心を持ち、主権者として自覚を強めております。

まさに、民主政治確立のための、絶好のチャンスです。菅直人首相、民主党はこの党首討論を絶対に受けるべきです。それは主権者国民に対する義務です。若し、逃げれば、菅直人首相、民主党は永久に日本の民主政治に背を向けた首相、政党として日本の歴史に残るでしょう。

|

« ニャンコにも愛情、あせらず、ありのままに | トップページ | 1滴の血液からでもiPS細胞 体のいろいろな細胞に変化するiPS細胞 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/48769700

この記事へのトラックバック一覧です: 党首討論開き論戦を 4野党、首相に申し入れ:

« ニャンコにも愛情、あせらず、ありのままに | トップページ | 1滴の血液からでもiPS細胞 体のいろいろな細胞に変化するiPS細胞 »