« 主権者国民が消費税増税に「NO!」 菅民主党の独裁政治を阻む。 | トップページ | 「私のテレビ局」が可能な時代!!  »

比例票 ”二大政党ばなれ”鮮明 死票で成り立つ「小選挙区制」の欺瞞、虚構性!!

「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-07-13/2010071301_04_1.html
比例票 “二大政党離れ”鮮明に 民主の離票、自民に戻らず

によると、

今回の参院選の結果の特徴がよくわかり、今の政治と今後の方向がいろいろと、数字を通して考えさせられます。

と、同時に死票で成り立つ「小選挙区制」が如何に民意を殺いでおり、民主政治にはナンセンスな制度であり、有害無益な選挙制度あるかということを、今更ながら思い知らされました。

-------------------------
 第22回参院選で、政党の消長を示す比例代表の得票で、民主党は1845万140票(得票率31・6%)を獲得し、比例第1党となりました。しかし、昨年総選挙と比べると1139万4659票減(マイナス10・8ポイント)、前回参院選からは480万6107票減(マイナス7・9ポイント)の大幅減となりました。

 自民党は今回、当選者数では民主党を上回り、「改選第1党」となったものの、比例票は1407万1671票(24・1%)で、昨年総選挙から473万8546票減(マイナス2・6ポイント)、前回参院選から247万3090票減(マイナス4・0ポイント)で、消費税増税問題で惨敗した1998年参院選と同水準となりました。民主党から離れた票が自民党に戻ったとは言えないことを示しています。

 こうした結果に、マスメディアも「大敗した民主党だけでなく、改選第1党になった自民党も低下し「『二大政党離れ』が鮮明になった」(「日経」12日付夕刊)と指摘しています。

 一方で、参院選初挑戦のみんなの党は794万3650票(13・6%)を獲得、昨年総選挙から493万8451票(プラス9・3ポイント)を増やしました。

 ほかに、公明党は763万9432票(13・1%)で、総選挙比41万4575票減(マイナス1・6ポイント)、前回比12万5897票減(マイナス0・1ポイント)。

 社民党は224万2736票(3・8%)で、総選挙比76万3424票減(マイナス0・5ポイント)、前回比39万1978票減(マイナス0・7ポイント)となっています。

------------------------

|

« 主権者国民が消費税増税に「NO!」 菅民主党の独裁政治を阻む。 | トップページ | 「私のテレビ局」が可能な時代!!  »