« 早くもブレ出した菅民主党内閣総理 各社世論調査の支持率低下に驚き!! 菅民主党内閣は、主権者国民のためではなく、支持率のためにある内閣か。 | トップページ | 夏 たけなわ »

「北教組」の二の舞をするのか 有権者を締め付ける「ぐるみ選挙」 鋭くなった主権者国民の目 政権交代第2幕を成功させよう。

民主政治をつくるのに癌となっている大きなものの一つは、何といっても「ぐるみ」選挙です。主権者の強い自覚でこれを打破しない限りは、本物の民主政治は生まれないでしょう。

「宗教団体ぐるみ」選挙、「企業ぐるみ」選挙、「労働組合ぐるみ」選挙、「自衛隊ぐるみ」選挙・・・

#政党の場合は、その組織の性格から言って、別で、「政党ぐるみ」選挙などと言われる筋合いはないと思います。

一般組織のメンバーは国の基本法である日本国憲法によって、一人一人、政治信条の自由、政治活動の自由などが保障されており、民主政治の担い手になっております。

組織の幹部、組織の決定などにより、特定候補者・特定政党の支持、支持拡大の活動を押し付け、個々のメンバーの政治信条の自由、政治活動の自由などを抑圧したら、民主政治は死んでしまいます。 現実はどうでしょう? 北教組の「ぐるみ選挙」が断罪され、関連する民主党国会議員が辞任しました。 これは、氷山の一角か。

ほんとうに、今、日本国民には主権者として、自分の首を自ら締めつけるようなこと無く、民主政治を本物にするために、怜悧な理性と不屈の意志、暖かいハートが求められているのではないでしょうか。

「ぐるみ選挙」の克服は、今民主政治へのために避けて通れない最大の問題の一つだと思います。

日本国憲法15条には、【秘密投票の保障】を規定しております。 この条項が何よりの援軍になります。 日本国憲法は素晴らしいですね!! この憲法を亡き者にしようと企んでいる者は誰だ!!

|

« 早くもブレ出した菅民主党内閣総理 各社世論調査の支持率低下に驚き!! 菅民主党内閣は、主権者国民のためではなく、支持率のためにある内閣か。 | トップページ | 夏 たけなわ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/48695848

この記事へのトラックバック一覧です: 「北教組」の二の舞をするのか 有権者を締め付ける「ぐるみ選挙」 鋭くなった主権者国民の目 政権交代第2幕を成功させよう。:

« 早くもブレ出した菅民主党内閣総理 各社世論調査の支持率低下に驚き!! 菅民主党内閣は、主権者国民のためではなく、支持率のためにある内閣か。 | トップページ | 夏 たけなわ »