« 夏来たるらし | トップページ | 国会もエンジン噴射 »

推理小説より面白い政治のおはなし。

---------------------------------
(skip)
マスコミは「脱小沢」と言っていますが、実は、それほど「脱」になっていません。そもそも、小沢さんと鳩山さんが選んだ閣僚や党役員のかなりの部分は再任されています。
 新任された閣僚でも、新農水相の山田さんは自由党出身で小沢系列です。党役員でも、菅さんに対抗した樽床さんは国対委員長になり、交代させられた山岡さんや石井さんは副代表として処遇されています。
 これらの小沢系列の処遇が遅れたのも、計算のうえだったのかもしれません。「反小沢」をことさら印象づけ、世論調査でのV字回復を見極めたうえで小沢系を処遇する人事を発表したとすれば、なかなかの高等戦術だと言えるでしょう。

 これからも、民主党内における「小沢対反小沢」の対立・抗争が華々しく展開されるかもしれません。それを報ずるとき、ヒョッとしたらこれは「出来レース」かもしれないと、疑うことも必要ではないでしょうか。
 「反小沢」で突っ張れば突っ張るほど、菅さんのリーダーシップが際だつことになり、その評判も高まることでしょう。そして、その報道を見ながら、ニヤリと笑っているのは、小沢さん自身かもしれないのですから……。
http://igajin.blog.so-net.ne.jp/
----------------------------------

|

« 夏来たるらし | トップページ | 国会もエンジン噴射 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/48582256

この記事へのトラックバック一覧です: 推理小説より面白い政治のおはなし。:

« 夏来たるらし | トップページ | 国会もエンジン噴射 »