« 一皮剥いで、また剥いで 自民党の残滓を切除する 主権を持つ国民の底力 | トップページ | 夏来たるらし »

菅政権は日米共同声明を撤回し、沖縄県民、国民の声に応えよ。

琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-163234-storytopic-53.html
日米共同声明撤回を 那覇市議会、県内初の意見書可決2010年6月8日によると、

------------------------------------
 那覇市議会(金城徹議長)は7日午前、6月定例会で、普天間飛行場の移設先を名護市辺野古と明記した「日米共同声明」の撤回を日米両政府に求める意見書を全会一致で可決した。そうぞう会派の3氏は「普天間飛行場が固定化されることがあってはならない」として退場した。日米共同声明撤回を求める意見書可決は県内で初めて。
 同意見書では、「『県内移設』反対という県民の総意よりも米国政府の意向を最優先するもので、民主主義を踏みにじる暴挙であり、断じて許せない」と強い反発の意思を示し、「県民の『県内移設』に絶対反対との総意は、4・25県民大会や全市町村長の反対表明、マスコミの世論調査などでも明確だ。怒りを込めて日米合意の撤回を強く求める」としている。
 そうぞう会派代表の宮國恵徳氏は「共同声明には、負担軽減策などで評価すべき点もある。(声明撤回で)普天間飛行場が固定化されることがあってはならない」と述べ、同会派の新屋清喜氏、坂井浩二氏と退場した。
 市議会は同日、口蹄疫対策の充実、強化を求める意見書も全会一致で可決した。
--------------------------------------

沖縄県民の新たな決意が伝わって来ます。米軍の沖縄県外演習のために、今様々な事故、損害を受けている本州の各地域で、抗議や、米軍基地撤去の運動が強まって来ました。

|

« 一皮剥いで、また剥いで 自民党の残滓を切除する 主権を持つ国民の底力 | トップページ | 夏来たるらし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/48574591

この記事へのトラックバック一覧です: 菅政権は日米共同声明を撤回し、沖縄県民、国民の声に応えよ。:

« 一皮剥いで、また剥いで 自民党の残滓を切除する 主権を持つ国民の底力 | トップページ | 夏来たるらし »