« 消費税増税 真打の登場 いよいよ増税本格か | トップページ | 「自民党はすでに死んでいる」 「野党としても蘇生の見込みがない」 自民党機関紙に »

市長らが沖縄県内移設反対訴え 普天間問題

シンポジウムには、政府内で普天間基地の分散移設先として取りざたされる名護市の稲嶺進市長やうるま市の島袋俊夫市長が参加し、移設反対の考えをあらためて示した。また、普天間基地を抱える宜野湾市の伊波洋一市長も、県内移設では問題は解決しないと訴えた。

25日には、県民が集まり、県内への移設に反対する大規模な集会が予定されている。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-160855-storytopic-1.html

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-04-15/2010041501_01_1.html

|

« 消費税増税 真打の登場 いよいよ増税本格か | トップページ | 「自民党はすでに死んでいる」 「野党としても蘇生の見込みがない」 自民党機関紙に »