« 足元の最重要課題に能天気だった!! 内なる「脅威」 在日米軍 | トップページ | 新党。第3極だって。笑わせるなよ!! »

無い無いづくしの労働者 社会進歩のエネルギー!!

国鉄分割・民営化に際して、不当に、狙い撃ちで不採用となった国労などの組合員の問題が決着しました。

23年間国鉄の労働者は当局、自民党政府によって不当に差別され、馘首され、人間としては扱われて来ませんでした。

不当な扱いに屈せず、頭を垂れず、人間の尊厳をかけて国鉄の労働者達は、辛苦の中で23年間もたたかい続けて来ました。まさに発展する自由と民主主義の歴史を目の前にする思いです。

勿論、日本国憲法27条(労働権の保障)、28条(労働基本権の保障)、25条(生存権の保障)の底支えがありました。まさに国民を守るという国の基本法である日本国憲法の面目躍如たるものがあります。憲法も一段とその輝きを増して来ました。          

今後、政府はJR各社に被害を受けた労働者の雇用を要請し、このような問題が二度と再発しないような措置を講ずるべきです。社会の富を生み出す労働者の問題は、実に主権者国民の社会問題でもあるからです。

|

« 足元の最重要課題に能天気だった!! 内なる「脅威」 在日米軍 | トップページ | 新党。第3極だって。笑わせるなよ!! »