« 燃える沖縄 10万人大会へ  | トップページ | 無い無いづくしの労働者 社会進歩のエネルギー!! »

足元の最重要課題に能天気だった!! 内なる「脅威」 在日米軍

在日米軍は、日本の安全のために存在するとされています。それが対応すべきは外からの「脅威」です。

しかし、実際には、それは日本人の安全を脅かしてきました。それは、内なる「脅威」を生み出してきたのです。

何と我はアホウであったことよと、自戒しました。

政治学者、法政大学教授五十嵐仁先生がblog「転成仁語」で丁寧に、分り易く、克明に説明されております。
4月7日(水) 対応すべきは「幻の脅威」か「現実の被害」か [在日米軍]
http://igajin.blog.so-net.ne.jp/

-----------------------
(skip)

 外からの「脅威」は幻です。戦後65年も経つのに、一度も具体的な姿を示していないからです。
 しかし、内なる「脅威」は現実です。米兵やその家族が関与した事件や事故によって、多くの被害が生まれているからです。
 政府は、どちらの「脅威」に対応すべきなのでしょうか。守るべき「安全」とはいかなるものなのでしょうか。

 昨日の『東京新聞』の「こちら特報部」に興味深い記事が出ていました。米兵や家族が関与した事件は、本土復帰から08年までに5584件、02~08年の交通人身事故は年間100件以上、起きているというのです。
 このほか、原子力艦船の寄港は07年24回、08年41回、米軍機の墜落は2年に1件、騒音被害は県民の6割、演習での原野火災は08年に18件というデータも示されています。これらは、米軍による具体的な被害です。
 基地の負担とは、これらの「脅威」との共存を意味しています。その負担を我慢せよと、一体、誰が言えるのでしょうか。・・・

(skip)
-----------------------------------

|

« 燃える沖縄 10万人大会へ  | トップページ | 無い無いづくしの労働者 社会進歩のエネルギー!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/48029317

この記事へのトラックバック一覧です: 足元の最重要課題に能天気だった!! 内なる「脅威」 在日米軍:

» 岩国〜羽田線就航へ:米軍基地との共存に思う [中年サラリーマンお父さんの日記]
全日空は山口県岩国市の在日米軍岩国基地(岩国飛行場)と羽田空港を結ぶ定期便を開設することを決めたそうです。05年に日米両政府の合意で認められた、1日4往復の同基地の民間利用枠をすべて使うんだそうで、奥さんの実家が岩国でまた会社の出張も岩国にある私としては非常にありがたい話です。これも、岩国市と米軍の関係が良好だからこそ出来るのは無いでしょうか。さて、私は昔岩国に住んでいました。米軍基地の前の“川下通...... [続きを読む]

受信: 2010/04/24 22:37

« 燃える沖縄 10万人大会へ  | トップページ | 無い無いづくしの労働者 社会進歩のエネルギー!! »