« 惜しい!! チャンスを逃した 鳩山首相。 | トップページ | 武装集団自衛隊 国民の尊厳、人権を蔑ろにするな!! »

政権交代後の民主政治を本物にするために!! 民主政治への癌。「ぐるみ」選挙の一掃を主権者の責任で、シカと確認し、実行しよう。

民主政治をつくるのに癌となっている大きなものの一つは、何といっても「ぐるみ」選挙です。主権者の強い自覚でこれを打破しない限りは、本物の民主政治は生まれないでしょう。

「宗教団体ぐるみ」選挙、「企業ぐるみ」選挙、「労働組合ぐるみ」選挙、「自衛隊ぐるみ」選挙・・・

※政党の場合は、その組織の性格から言って、別で、「政党ぐるみ」選挙というのは成立しないと思います。

一般組織のメンバーは国の基本法である日本国憲法によって、一人一人、政治信条の自由、政治活動の自由、カンパ拠出の自由など、政治的自由権が保障されており、一人一人が主権者として民主政治の担い手になっております。

組織の幹部、組織の決定などにより、特定候補者・特定政党の支持、支持拡大の活動、カンパ拠出を組織の一人一人に押し付け、個々のメンバーの政治信条の自由、政治活動の自由、カンパ拠出の自由などを抑圧し、奪ったら、民主政治は死んでしまいます。 

だから今、「ぐるみ選挙」が全国民の注目を受け、厳しい批判をされているのではないでしょうか。 

ほんとうに、今、日本国民には主権者として、自分の首を自ら締めつけるようなこと無く、民主政治を本物にするために、怜悧な理性と不屈の意志、暖かいハートが求められているのではないでしょうか。

「ぐるみ選挙」の克服は、主権者国民が政権交代を成功させた今、民主政治をつくるためには絶対に避けて通れない最大の問題の一つであると思います。

|

« 惜しい!! チャンスを逃した 鳩山首相。 | トップページ | 武装集団自衛隊 国民の尊厳、人権を蔑ろにするな!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/47713643

この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代後の民主政治を本物にするために!! 民主政治への癌。「ぐるみ」選挙の一掃を主権者の責任で、シカと確認し、実行しよう。:

« 惜しい!! チャンスを逃した 鳩山首相。 | トップページ | 武装集団自衛隊 国民の尊厳、人権を蔑ろにするな!! »