« 「ウソ」のような「ホント」の話 春の悩み | トップページ | 政権交代した新政権に相応しい非核政策を実施せよ!! »

命、安全、平和を守るのは 結局 主権者一人一人の自覚と行動。 来月25日、沖縄県民大集会が開かれる。

鳩山政権が米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の「県内移設」の動きを強め、県民に怒りが沸騰するなかで、「県内移設反対」などを掲げて県民大会を4月25日に開くことになりました。10万人規模の集会をめざしております。

18日、県議会内で開いた各派代表者会議で決めたものです。基地問題で「県内移設反対」を掲げて、県議会全会派が参加する県民大会は史上初めてです。県民大会は、4月25日(日)午後3時から、会場は読谷村の同総合福祉センター運動広場(村役場向かい)です。

県議会は2月24日、全会一致で「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と県内移設に反対し、国外・県外移設を求める意見書」を可決。全会派代表が同意見書をもって上京し、政府に「県内移設は絶対反対」と求めていました。

沖縄の問題は本土の問題です。沖縄県民の痛みは、本土の国民の痛みです。皆で支援しましょう。主権者の付託を受けている政治家、政党にも期待するもの大なるものがあります。

|

« 「ウソ」のような「ホント」の話 春の悩み | トップページ | 政権交代した新政権に相応しい非核政策を実施せよ!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/47850565

この記事へのトラックバック一覧です: 命、安全、平和を守るのは 結局 主権者一人一人の自覚と行動。 来月25日、沖縄県民大集会が開かれる。:

« 「ウソ」のような「ホント」の話 春の悩み | トップページ | 政権交代した新政権に相応しい非核政策を実施せよ!! »