« 今こそ国民本位の政治確立の旬だ!! カギは主権者国民の信頼に応えること!! | トップページ | 小沢幹事長を「被疑者聴取」だって!! これはどういうこと? »

主権者国民の目線、まともな情報を生かすために

高度に発達した情報化社会においては、各種情報をどのように位置づけ、その利用を主権者国民の立場でどのように生かして、民主政治を構築していくか。古くて新しい問題であります。と、ともに絶えずこの問題は原点に返って、主権者の立場で考えて行かなければならない問題だと思います。

今問題になっている与党民主党幹事長小沢一郎氏の金権腐敗疑惑の問題に関連しても、問題が問題だけに、殊更にテレビ・新聞・マスコミの対応が問われております。

ネットで検索をして情報を探していると、特別の「取材班」のようなものをつくり、検察のリークに頼らず、自らの足で、目で調査し、現場に行って取材して作られている情報もあることに気付きました。他にもこのような取り組みは沢山あるのではないでしょうか。

小沢マネー:側近逮捕の衝撃/中 「あいさつなしか」 ゼネコンを威圧
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100117ddm041010074000c.html

小沢氏・土地購入疑惑の焦点 原資はゼネコン裏金か
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-01-22/2010012201_01_1.html

|

« 今こそ国民本位の政治確立の旬だ!! カギは主権者国民の信頼に応えること!! | トップページ | 小沢幹事長を「被疑者聴取」だって!! これはどういうこと? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/47359693

この記事へのトラックバック一覧です: 主権者国民の目線、まともな情報を生かすために:

« 今こそ国民本位の政治確立の旬だ!! カギは主権者国民の信頼に応えること!! | トップページ | 小沢幹事長を「被疑者聴取」だって!! これはどういうこと? »