« 日本の新聞やテレビが捏造報道? | トップページ | 市場経済を取り入れ 社会主義を目指している中国 その経済発展は?  »

主権者である国民をコケにし、愚弄する 鳩山内閣総理大臣

鳩山総理大臣は主権者である国民を前にして、

●母親から、あれだけの多額の政治資金もどきを貰い続けていながら、知らないと強弁。
●それらのカネの使途にも口を噤む。調べようともしない。
●主権者である国民への説明責任を果たす積もりはない。慇懃無礼、傲慢な態度。

●野党時代に、与党の政治家に対し、「秘書の責任はその政治家の責任だ」と厳しく追及しておりながら、与党になり、自分の秘書も関わる今回の自分の問題になると、秘書だけのせいにして自分の責任を逃れようとしている。恥ずかしい限りではないか。

主権者である国民を、これ程コケにし、愚弄する総理大臣が未だかって居っただろうか。
主権者国民が与える国政の権威も地に堕ちたものだ。

更に驚くべきことは、後期高齢者医療制度廃止の公約を5年も先送りしたことだ!!

今、後期高齢者医療制度のために多くの高齢者が診療を抑制せざるを得ないところまで追い詰められており、そして彼方此方の病院で、国の医療行政を理由に、入院患者、診療中の患者の追い出しが激化している。大問題になって来ている。一刻も猶予が出来ない。このままでは、治る病気も治らず、死ななくてもいい患者が死んでいる。

5年後、あの世で、どのようにして廃止後の新医療制度のケアを受けることが出来るのか。患者の命は一刻、一秒を争うのだ!!

|

« 日本の新聞やテレビが捏造報道? | トップページ | 市場経済を取り入れ 社会主義を目指している中国 その経済発展は?  »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/47130078

この記事へのトラックバック一覧です: 主権者である国民をコケにし、愚弄する 鳩山内閣総理大臣:

« 日本の新聞やテレビが捏造報道? | トップページ | 市場経済を取り入れ 社会主義を目指している中国 その経済発展は?  »