« 現在の日本経済が抱えている最大の問題は・・・ | トップページ | 主権者である国民をコケにし、愚弄する 鳩山内閣総理大臣 »

日本の新聞やテレビが捏造報道?

2009年12月25日(金)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-12-25/2009122502_03_1.html

によると、

クリントン米国務長官が21日に米軍普天間基地の問題で藤崎一郎駐米大使を呼び出したとの日本の一般メディアの報道について、米国務省は22日、これを否定し、実際は藤崎大使が自ら訪れたものだったことを明らかにしました。

|

« 現在の日本経済が抱えている最大の問題は・・・ | トップページ | 主権者である国民をコケにし、愚弄する 鳩山内閣総理大臣 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/47122115

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の新聞やテレビが捏造報道?:

» 普天間移転問題・怒りの追撃シリーズ第2弾(笑)〜国務長官と大使の会議録の情報公開を請求しました [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
 普天間移転問題に関連して、国務省に呼び出されたと記者会見を行った藤崎大使の発言について、重大な虚偽だという指摘がなされている件について、【「支持率が落ちているが、どう見ているのか」。21日昼、クリントン国務長官との会談のため急きょ呼び出された藤崎一郎駐米大使に、同席したキャンベル国務次官補は、世論調査で鳩山内閣の支持率が5割前後に急落したことに触れ、政権の行方について問いただした。】(時事通信http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009122500561)などと... [続きを読む]

受信: 2009/12/27 17:04

« 現在の日本経済が抱えている最大の問題は・・・ | トップページ | 主権者である国民をコケにし、愚弄する 鳩山内閣総理大臣 »