« 「公的行為(ご公務)」を止めたら 天皇の健康のために | トップページ | 「派遣法の抜本改正を」 厚労省前で連合、全労連など集会 »

鳩山首相 チャンス到来 政権交代と政策転換を実現し 進路を切りひらいたトップ・リーダーとして、歴史に名を残せ

政治学者、法政大学教授五十嵐仁さんのblog「転成仁語」
12月18日(金) 鳩山首相はどちらの道を選ぶのか [首相]
http://igajin.blog.so-net.ne.jp/
によると、

政権交代と政策転換を実現し 進路を切りひらいたトップ・リーダーとして、歴史に名を残すためには、

●小沢民主党幹事長の言う通りになってはならない。小沢幹事長をしのぐ指導力を発揮することによって、最終的な権力がどこにあるかを明示することが必要。

●普天間基地の辺野古への移設という現行案の忠実な履行を求めているアメリカの言いなりになってはならない。

●予算編成や外交交渉のシナリオ作りあるいは下準備で画策している財務省や外務省などの官僚の筋書き通りに行動してはならない。

鳩山首相の後ろには、自公政権にNO!と審判した主権者国民が固唾をのんで見守っておることを忘れてはならない。

|

« 「公的行為(ご公務)」を止めたら 天皇の健康のために | トップページ | 「派遣法の抜本改正を」 厚労省前で連合、全労連など集会 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/47054283

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相 チャンス到来 政権交代と政策転換を実現し 進路を切りひらいたトップ・リーダーとして、歴史に名を残せ:

« 「公的行為(ご公務)」を止めたら 天皇の健康のために | トップページ | 「派遣法の抜本改正を」 厚労省前で連合、全労連など集会 »