« 鳩山首相 チャンス到来 政権交代と政策転換を実現し 進路を切りひらいたトップ・リーダーとして、歴史に名を残せ | トップページ | <西松建設偽装献金問題>小沢秘書は「アウト」の可能性が相当高い »

「派遣法の抜本改正を」 厚労省前で連合、全労連など集会

MSN 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091218/biz0912181153010-n1.htm
によると、連合、全労連が集会をもっております!!

依然として、社会の富を生み出して大切な役割を果たしている労働者の人達が、今尚ゴミのように扱われておる。この年末も越せない。一体、大企業、政府、政権党は何をやっているのか。社会の崩壊は目に見えているのではないか。主権者国民が、政権交代を願い、自公政権にNO!の審判を下したのは、この根本的な社会の問題を一日も早く解決するためだ。

連合、全労連という日本の全国的大労働組合が合同でたたかってきている事は凄いことだと思う。労働者の苦しみは、国民の苦しみでもある。労働者と主権者国民が一丸となって解決に取り組むことが、今求められているのではないだろうか。それがまた、解決への最短距離である。国民の苦しい格差、貧困問題を解決する。

------------------------
「派遣法の抜本改正を」 厚労省前で連合、全労連など集会
2009.12.18 11:53
 労働者派遣法の改正案を検討する労働政策審議会の労働力需給制度部会開催を受け、連合や全労連など労働組合のナショナルセンターが18日、厚生労働省前で集会を開き、労働者派遣法の抜本改正を訴えた。

 寒空の中、数百人が参加。連合の南雲弘行事務局長が「議論はヤマ場を迎えようとしている。政権交代を実現させた今こそ、抜本的な対策を講じないといけない」とあいさつした。

 全労連の井上久事務局次長は「この1年間、製造業をはじめとした大企業は派遣労働者を低賃金で使い、都合が悪くなったら首を切り、路上に放り出した。雇用破壊の流れを止めよう」と声を張り上げた。
-----------------------

|

« 鳩山首相 チャンス到来 政権交代と政策転換を実現し 進路を切りひらいたトップ・リーダーとして、歴史に名を残せ | トップページ | <西松建設偽装献金問題>小沢秘書は「アウト」の可能性が相当高い »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/47060314

この記事へのトラックバック一覧です: 「派遣法の抜本改正を」 厚労省前で連合、全労連など集会:

« 鳩山首相 チャンス到来 政権交代と政策転換を実現し 進路を切りひらいたトップ・リーダーとして、歴史に名を残せ | トップページ | <西松建設偽装献金問題>小沢秘書は「アウト」の可能性が相当高い »