« 日本の全国紙は、米国に魂を売り渡して迎合するメディアに堕ちてしまっている!! 天木直人氏の眼力。 | トップページ | 民主党小沢一郎幹事長とヒトラー 近頃ネットで目立つ »

小選挙区制、二大政党論の財界人が民主新人議員に心構えを説く

「時事ドットコム」によると、稲盛和夫京セラ名誉会長は13日午後、国会内で開かれた民主党の新人議員研修会で約130人を前に講演し、「人として思いやりを」などと民主新人議員に心構いを説えたそうです。 稲盛氏は、民主党シンパの有力財界人で、小沢一郎幹事長と親しいことでも知られます。 

研修会には、小沢氏も駆け付け「(稲盛氏は)『政権交代の可能な議会制民主主義を定着させないと日本の未来は危うい』とずっと言い続けてきた。 私どもが大変お世話になった」とあいさつしました。

民主党政権の「行政刷新会議」の財界の主力メンバーに稲盛和夫氏(77)が選ばれたことも今大きな話題になり注目されているところです。

新人研修会では今後、スズキの鈴木修会長兼社長や「新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)」の共同代表を務める佐々木毅元東大総長らの講演を予定しています。
国権の最高機関である国会審議に枠を嵌めると批判もされている、民主党幹事長小沢氏の国会改革案は、この「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)に諮問した結果であるとの話も専らです。

参考:
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-11-16/02_02.html

|

« 日本の全国紙は、米国に魂を売り渡して迎合するメディアに堕ちてしまっている!! 天木直人氏の眼力。 | トップページ | 民主党小沢一郎幹事長とヒトラー 近頃ネットで目立つ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/46762159

この記事へのトラックバック一覧です: 小選挙区制、二大政党論の財界人が民主新人議員に心構えを説く:

« 日本の全国紙は、米国に魂を売り渡して迎合するメディアに堕ちてしまっている!! 天木直人氏の眼力。 | トップページ | 民主党小沢一郎幹事長とヒトラー 近頃ネットで目立つ »