« 民主党小沢一郎幹事長とヒトラー 近頃ネットで目立つ | トップページ | 「基地は要らない」 日米国民・人類のために 21世紀の視点から  »

やっぱりねぇ 奥は深い 八ツ場ダム 住民と国民がクイモノにか

2009年11月16日(月)「しんぶん赤旗」
“八ツ場ダム マネー” 自民還流
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-11-16/2009111601_03_1.html
によると、

八ツ場(やんば)ダム工事の関連事業を受注した22社から地元群馬県の自民党支部へ2008年に総額742万円もの献金があったことが、わかったそうです。
例に拠ってネット・サーフィンしていると見つかりました。 それにしても他の全国紙は何をしているのでしょう? 主権者の目線での編集を放棄してしまったのでしょうか。

--------------------------
 最新の08年政治資金収支報告書によると、受注業者から献金を受けているのは、中曽根弘文(前外相)、山本一太の両参院議員、小渕優子(前少子化担当相)、佐田玄一郎(元行革担当相)の両衆院議員、尾身幸次(元財務相)、谷津義男(元農水相)の両元衆院議員(ことし8月の総選挙で落選)が支部長を務める支部など、群馬県の自民党8支部です。

 中曽根氏は、受注企業9社から176万円、山本氏は10社から130万円、小渕氏は36万円、佐田氏は42万円、尾身氏は62万円、谷津氏は96万円などです。

 この他に、自民党群馬県ふるさと振興支部は受注企業9社から132万円を集めています。同支部は、小渕優子後援会に献金するなど小渕氏と深い関係のある支部です。

 八ツ場ダム計画では04年度からの5年間で、470億7800万円余りが関連工事(落札金額が1000万円以上分)に費やされています。

 中曽根氏や小渕氏らの自民党6支部に計161万円を献金していたヤマト(本社・前橋市)は、配水施設工事7750万円分を受注。同社には、国土交通省OB2人が天下っています。

 総額9億1400万円分を受注していた石橋建設工業(同・群馬県太田市)は中曽根、谷津両氏に計68万円を献金しています。

 佐田氏のように親族企業の佐田建設(同・前橋市)が受注している例もありました。

 また自民党の政治資金団体、国民政治協会に献金をしている大手ゼネコンの鹿島建設と大成建設、準大手ゼネコンの西松建設も八ツ場ダム関連工事をそれぞれ受注しています。
---------------------

|

« 民主党小沢一郎幹事長とヒトラー 近頃ネットで目立つ | トップページ | 「基地は要らない」 日米国民・人類のために 21世紀の視点から  »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/46777998

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりねぇ 奥は深い 八ツ場ダム 住民と国民がクイモノにか:

» 【八ツ場ダム】検証と称し偏向扇動記事を書く惨経は、ネトウヨ同人誌と呼ぶに相応しい!【無駄遣い】 [ステイメンの雑記帖 ]
 無駄な大型公共事業の典型例として、前原大臣が中止を明言する一方で1都5県の知事どもが建設続行を主張する八ツ場ダム事業であるが、どうやらネトウヨ同人誌惨経に対して建設続行派が多数の意見を寄せたそうである。  まぁシロアリ勢力の走狗として建設利権を死守したい惨経としては喜ばしい成果かもしれない。  だが、それらの意見の根拠である、 「7割完成」というのが実は「総事業費の7割を消化」しただけに過ぎない ことを惨経は報じたのか?  ちなみに実際の進捗率といえば、   ☆付け替え道路    ・国道145号:... [続きを読む]

受信: 2009/11/16 21:09

« 民主党小沢一郎幹事長とヒトラー 近頃ネットで目立つ | トップページ | 「基地は要らない」 日米国民・人類のために 21世紀の視点から  »