« 皆さん、「事業仕分け」にご心配はありませんか!! | トップページ | 民主党は主権者国民の付託に応え得る政党か? 強引な衆院財金委運営 »

「小沢幹事長側に1億円」 水谷建設の関係者供述

民主党の小沢一郎幹事長側に、重機械土木大手「水谷建設」(三重県桑名市)の関係者が「2004~05年、計1億円の現金を渡した」と東京地検特捜部の調べに供述していることが18日、分かった。 この関係者を含む複数が共同通信の取材に対し認めた。

小沢氏関連政治団体の04、05年の政治資金収支報告書には、該当する寄付などの記載は見当たらず、供述通りなら、献金の不記載などを禁じた政治資金規正法に抵触する可能性が浮上。 裏献金の疑いもあり、特捜部は慎重に捜査している。

国会などであらためて小沢氏に説明を求める声が高まりそうだ。

小沢氏関連政治団体をめぐっては、特捜部が3月、西松建設の巨額献金事件で小沢氏の公設第1秘書で資金管理団体「陸山会」の元会計責任者大久保隆規被告(48)=公判前整理手続き中=を起訴している。

水谷建設関係者によると、小沢氏の地元、岩手県奥州市で国が建設を進める胆沢ダム工事の下請けに参入できるよう、県内の大型公共工事の業者選定に影響力があったとされる小沢氏側に現金を渡すことを決めた。小沢氏の秘書が現金を受け取った、としている。

当時、小沢事務所でゼネコンの窓口だったのが大久保被告。献金の事務処理については、05年まで秘書を務めた石川知裕衆院議員(36)が主に担当していた。

政財官の癒着で、政治と金の問題は益々深く、広く蔓延しているようだ。 一刻も早く、企業、団体献金廃止をしなければ、日本の民主政治は腐ってしまい、取り返しがきかないことになるだろう。 国権の最高機関である国会は、今こそ立法権、調査権を生かし、駆使して国民の付託に徹底的に応えてもらいたい。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/200773.html

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009111902000095.html

|

« 皆さん、「事業仕分け」にご心配はありませんか!! | トップページ | 民主党は主権者国民の付託に応え得る政党か? 強引な衆院財金委運営 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/46802549

この記事へのトラックバック一覧です: 「小沢幹事長側に1億円」 水谷建設の関係者供述 :

« 皆さん、「事業仕分け」にご心配はありませんか!! | トップページ | 民主党は主権者国民の付託に応え得る政党か? 強引な衆院財金委運営 »