« 人類の理性の叫び オバマ米大統領の核兵器廃絶宣言 核兵器保有大国の傲慢な殻を破った!! | トップページ | 八ツ場ダム中止問題の解決に動き出した人々 解決は明るい »

国権の最高機関である議会の審議、三権分立 民主主義が危ない 身内の中からさえ危惧の声 小沢提案に

asahi.com
政策一元化は「独裁国家」 横路議長、小沢氏に苦言 2009年10月10日
http://www.asahi.com/politics/update/1010/TKY200910100305.html
によると、

横路孝弘衆院議長は10日、札幌市で開かれた民主党北海道連の会合で「独裁国家では議会は政府が決めたことをただ追認する。 日本は民主国家だから国会の自主性を持っていきたい」と述べ、鳩山政権が進める政策決定の政府への一元化を強く批判しました。 民主党出身の衆院議長が小沢一郎幹事長の党運営に苦言を呈する異例の発言です。

----------------------
横路孝弘衆院議長は10日、札幌市で開かれた民主党北海道連の会合で「独裁国家では議会は政府が決めたことをただ追認する。日本は民主国家だから国会の自主性を持っていきたい」と述べ、鳩山政権が進める政策決定の政府への一元化を強く批判した。民主党出身の衆院議長が小沢一郎幹事長の党運営に苦言を呈する異例の発言だ。

 政策決定の一元化は9月中旬、鳩山由紀夫首相から党運営を任された小沢幹事長が党所属議員にメールで通達。「自民党政権でみられた族議員の跋扈(ばっこ)」(小沢氏)を排除するとして、党の政策関連会議を廃止し、議員立法も基本的に認めないとした。

 横路氏は「一体化の名の下に議員立法をやらないとの発言が聞こえる。国会活性化の柱として、今日まで(議員立法を)進め、先の国会では臓器移植法のような形で国民の声に応えた」と強調。「三権分立で立法府の役割は非常に重要だ」と述べ、法案提出権を政府が独占することに対し警戒感をあらわにした。
------------------------

参考blog:

「花・髪切と思考の浮遊空間」

http://blog.goo.ne.jp/longicorn/e/7f7b7458f0eb6508523c2fd969b151dd

|

« 人類の理性の叫び オバマ米大統領の核兵器廃絶宣言 核兵器保有大国の傲慢な殻を破った!! | トップページ | 八ツ場ダム中止問題の解決に動き出した人々 解決は明るい »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/46469511

この記事へのトラックバック一覧です: 国権の最高機関である議会の審議、三権分立 民主主義が危ない 身内の中からさえ危惧の声 小沢提案に:

« 人類の理性の叫び オバマ米大統領の核兵器廃絶宣言 核兵器保有大国の傲慢な殻を破った!! | トップページ | 八ツ場ダム中止問題の解決に動き出した人々 解決は明るい »