« 沖縄の人たちは今 米軍新基地建設に反対 現地座り込み行動が連続2000日!! | トップページ | 人類の理性の叫び オバマ米大統領の核兵器廃絶宣言 核兵器保有大国の傲慢な殻を破った!! »

農村は自民票の金城湯池の筈 もはや自民農政に引導? 何故様変わり? 

asahi.com
JA全国大会、志位さんに大拍手 谷垣さんにはまばら 2009年10月8日
http://www.asahi.com/politics/update/1008/TKY200910080494.html
によると、

JA全中(全国農業協同組合中央会)の全国大会が8日にあり、出席した主要政党幹部で拍手を最も集めたのは、共産党の志位和夫委員長だったそうです。 来夏の参院選での「農業票争奪戦」は波乱含みのようです。

農協は自民党との関係が深く、業界代表の参院議員を送り出して蜜月関係を築いてきました。 だが、この日の大会で谷垣禎一総裁は松野頼久官房副長官や生協の来賓に続き5番目の登場。 民主党の戸別所得補償制度を「日本農業の将来は暗いものになる」と批判したが、拍手はまばらでした。

志位氏がその後に登場して「農業収入は補償する」「米価は下支えする」と矢継ぎ早に打ち出すと、会場は割れんばかりの拍手に。 茂木守JA全中会長が思わず歩み寄って握手するほどだったそうです。

その後、あいさつに立った国民新党の自見庄三郎幹事長は「時代は大きく変わったと思いますな」と語ったそうです。

農業生産物は命の綱。 国土を大切にした自給自足の農業政策でなければ、国民は安心できません。 工業重視の政策ではなく、工業と農業がバンランスのとれた農政が行われて、農民が生活できるようでなければ農村、地方は凋落。 列島生活沈没です。 どの政党でもいいです、国民の命を維持するために、憲法の理念、条項をベースに、しっかりした、堅実な農政を進めてもらいたいものです。

他の参考URL:
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-10-09/2009100901_01_1.html

|

« 沖縄の人たちは今 米軍新基地建設に反対 現地座り込み行動が連続2000日!! | トップページ | 人類の理性の叫び オバマ米大統領の核兵器廃絶宣言 核兵器保有大国の傲慢な殻を破った!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/46449342

この記事へのトラックバック一覧です: 農村は自民票の金城湯池の筈 もはや自民農政に引導? 何故様変わり? :

» 【設楽ダム】旧政権の罪を断罪するためにも公共事業を徹底して見直すべきだ【お手盛り計算】 [ステイメンの雑記帖 ]
 「コンクリートより人への投資」を掲げる鳩山政権であるが、 アホウ太郎の置き土産である09年度補正予算の執行停止額は3兆円 に近づいている。  その中で、前原大臣が八ツ場ダムなどミュージカル省直轄及び水資源機構所管のダムについて段階を進めることを凍結したが、その一つに中部地方整備局所管の設楽ダム計画がある。  この設楽ダムというのは、愛知県東三河地域の渇水対策、治水対策などを主目的に北設楽郡設楽町を流れる豊川に建設を計画しているダムである。  このダムに関しては、1971年に予備調査を開始し計画がス... [続きを読む]

受信: 2009/10/11 10:24

« 沖縄の人たちは今 米軍新基地建設に反対 現地座り込み行動が連続2000日!! | トップページ | 人類の理性の叫び オバマ米大統領の核兵器廃絶宣言 核兵器保有大国の傲慢な殻を破った!! »