« 国民主権を危なくする「財界主権」 国民主権以外に主権があってはならない。 | トップページ | 学校の授業に介入する 自民党道会議員、北海道教育委員会  »

希望は自らが生み出す 米原子力空母は出て行け

「核密約」のもと、米軍基地横須賀は原子力空母2隻体制にされ、米軍前線基地として強化され、住民は核汚染の危険の増大で脅かされております。 先駆的な平和憲法を有する独立国日本としては、余りにもミジメな状況にあります。 今草の根からの、命、安全、平和、希望を作る住民、国民の運動が高揚して来ております。 国民を裏切り、アメリカに盲目的に追随して来た自公政権に交代した新政権は、この住民、国民の行動に応えて、何としても住民、国民を核の危険から救い出さねばなりません。 

米原子力空母 出て行け
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-09-14/2009091401_01_1.html
---------------------------------
神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地に原子力空母ジョージ・ワシントンが母港配備され、まもなく1周年となる13日、母港配備に抗議し「米原子力空母は出て行け!」と訴える集会が、同市ヴェルニー公園で開かれました。

 県内外から1000人が参加し「国民・市民の声で政治が動く時代だ」「原子力空母をおしつけた自公政権も、容認した蒲谷亮一市長も退場させられました。いまこそ、声をあげ原子力空母配備の撤回と米軍再編をやめさせましょう」(決議文)との熱気に包まれました。

 集会後、市街をデモ行進し「核密約を公表、廃棄し、核兵器持ち込みをやめさせましょう」と訴えました。デモを見た多くの市民が「新政権には密約をただし、核兵器のもちこみをやめさせてほしい」「これまでの政府は聞かなかった。新政権は国民の声を聞いてほしい」との声を寄せました。

 集会では、全労連の小田川義和事務局長が主催者あいさつし、横須賀基地の原子力空母2隻体制など前線基地としての強化、核汚染の危険の増大を指摘。「核密約の確認、廃棄で核兵器廃絶の世界の流れを加速させよう」と訴えました。

(skip)
-----------------------------------

|

« 国民主権を危なくする「財界主権」 国民主権以外に主権があってはならない。 | トップページ | 学校の授業に介入する 自民党道会議員、北海道教育委員会  »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/46212174

この記事へのトラックバック一覧です: 希望は自らが生み出す 米原子力空母は出て行け:

« 国民主権を危なくする「財界主権」 国民主権以外に主権があってはならない。 | トップページ | 学校の授業に介入する 自民党道会議員、北海道教育委員会  »