« 生きるため 労働者・国民のたたかい 最低賃金引き上げの前進 | トップページ | 「一党優位政党制」が甦った? 主権者国民の力量、責任が益々重要になって来た。 »

生活保護で生活する母子、高齢者世帯に生活苦が押し寄せている。 弱者を応援する政治を一刻も早く!!

「聖域なき構造改革」を掲げ、「骨太の方針」で毎年2200億円の社会保障費を削減、福祉、医療の大幅切り下げを強行した自民・公明党政権。このもとで断行された生活保護の母子加算、老齢加算廃止。その結果、生活保護で生活する母子、高齢者世帯に生活苦が押し寄せております。

世論と国民の運動に支えられ、民主党、日本共産党、社民党、国民新党は6月、「母子加算復活」を求める改正案を国会に提出。参院では同法案が可決されたものの衆院では審議されず、廃案。自民、公明両党は、参院厚生労働委員会では審議も、採決も欠席、参院本会議では棄権、加算復活を妨害し続けました。

今、国民はこの冷酷非道な自公政権を退場させました。 新政権は国民の付託に応えて、一刻も早く、この最悪の状態にある困っている人たちを救い、社会の活力を復活すべきです。 草の根から、日本社会の地力をつけることが緊急の課題として求められているのではないでしょうか。

|

« 生きるため 労働者・国民のたたかい 最低賃金引き上げの前進 | トップページ | 「一党優位政党制」が甦った? 主権者国民の力量、責任が益々重要になって来た。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/46109914

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護で生活する母子、高齢者世帯に生活苦が押し寄せている。 弱者を応援する政治を一刻も早く!!:

» ニュースでちゃんと扱え〜ぃ!! [雪裏の梅花]
露草でしょうか。まるでガラス細工と見紛うほど小さい、しかも透明感のある花です(^^) 失業率が急上昇しています。今年7月の調査では5.7%で... [続きを読む]

受信: 2009/09/03 20:40

» 総選挙の総括に代えて〜共産党は衆人環視の党首選へ [BLOG BLUES]
大方の国民は、現体制を諒としているだろう。 しかし、それは、現体制しか存在しないからだ。 もし、オルタナティブな選択肢として、魅力的な新しい体制を 提示する政党が興れば、様相は一変する。左様、共生革命である。 憲法25条「すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」 この崇高な文言を具現化する、新しい国づくりである。 僕はもう、戦後連綿とつづく、明治維新から数えれば 150年の永きに亘る保守専制政治体制に、飽き飽きしてるんだ。 この度の政権交代にしたところで、戦前... [続きを読む]

受信: 2009/09/03 22:17

« 生きるため 労働者・国民のたたかい 最低賃金引き上げの前進 | トップページ | 「一党優位政党制」が甦った? 主権者国民の力量、責任が益々重要になって来た。 »