« 鳩山政権の発足 新しい国民主体の政治への第一歩 | トップページ | 鈴木宗男氏を外務委員長に選出 与党の政治倫理感を疑う 主権者国民とはズレ、ズレ・・・∞ か。   »

これが外相の調査命令(全文) 『密約』問題に関する調査命令

岡田克也外相が16日に外務省の藪中三十二事務次官に対して命じた「いわゆる『密約』問題に関する調査命令について」の全文は下記引用文の通りです。

日本国憲法、国民主権、平和主義、議会制民主主義、基本的人権の尊重・・・。 そして、主権者国民のこの一票の威力、重みを如実に実感できる命令文です。 最高法規である憲法、民主主義への確信が湧いてくるなあ。 官僚の諸君。 主権者国民の命令には絶対に従ってくれよ!!

---------------------------------                                    
 外交は国民の理解と信頼なくして成り立たない。しかるに、いわゆる「密約」の問題は、外交に対する国民の不信感を高めている。今回の政権交代を機に、「密約」をめぐる過去の事実を徹底的に明らかにし、国民の理解と信頼に基づく外交を実現する必要がある。

 そこで、国家行政組織法第10条及び第14条第2項に基づく大臣命令により、下記4点の「密約」について、外務省内に存在する原資料を調査し、本年11月末を目処に、その調査結果を報告することを求める。

 なお、作業の進捗状況は随時報告し、必要に応じて指示を仰ぐよう併せて求める。

 一 1960年1月の安保条約改定時の、核持ち込みに関する「密約」

 二 同じく、朝鮮半島有事の際の戦闘作戦行動に関する「密約」

 三 1972年の沖縄返還時の、有事の際の核持ち込みに関する「密約」

 四 同じく、原状回復補償費の肩代わりに関する「密約」
----------------------------------

|

« 鳩山政権の発足 新しい国民主体の政治への第一歩 | トップページ | 鈴木宗男氏を外務委員長に選出 与党の政治倫理感を疑う 主権者国民とはズレ、ズレ・・・∞ か。   »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/46242273

この記事へのトラックバック一覧です: これが外相の調査命令(全文) 『密約』問題に関する調査命令:

« 鳩山政権の発足 新しい国民主体の政治への第一歩 | トップページ | 鈴木宗男氏を外務委員長に選出 与党の政治倫理感を疑う 主権者国民とはズレ、ズレ・・・∞ か。   »