« 希望は自らが生み出す 米原子力空母は出て行け | トップページ | 核廃絶、「核のない世界」への希望が強まる 鳩山・オバマの連携 »

学校の授業に介入する 自民党道会議員、北海道教育委員会 

北海道新聞朝刊の卓上四季に次のような記事があります。
-------------------------
わからない(9月12日)
〈ああわからない、わからない。今の浮世はわからない〉。そんな明治の演歌が耳に響くようだ。道立高校が、衆院選に関する北海道新聞の社説を教材にした。道教委によれば、それが不適切な指導だという▼その理屈が、まったくわからない。「自民党批判に見える社説を教材にするのはおかしい」と保護者から聞いた(自民党)道議の指摘から、道教委が調査を始めたという▼どんなに厳しい自民党批判かと読み直したが、各党の主張を併記した抑制的なものだ。先月の18日付、古新聞の束に残っているかもしれないからご覧ください。道教委も、取材に対し「社説に偏りがあったとは言っていない」と述べている▼それなら不適切ではないはずだ。だが道教委は「1紙のみの社説を活用する」ことが「偏った認識を持たせかねない」と、道議とは違う点を根拠に持ち出した。そんな理屈があるものか。1紙だから偏る、というものではない。2紙、3紙にしても、共通する論調はある▼道教委は通知で全道立高校に報告を求め、授業で使った記事を添えさせた。その中で自民党がどう書かれているのか、点検しようとすればできる。現場には圧力となるだろう。それが、通知の現実的、政治的な効果だ▼〈ああわからない、わからない〉。明治の演歌が耳に響く理由が見えてきた。お上が政権批判を封じ込めたがる、時代錯誤の気配を感じたからだ。
--------------------------
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/188330.html

同問題を報ずる北海道新聞関連記事、時系列順:

●1紙だけの社説を高校授業で使用 道教委が問題視、実態調査 (09/11 06:55)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/188057.html

●授業と新聞 道教委通知こそ不適切(9月12日)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/188328.html

●社説で通知問題 道新が遺憾の意 道教委に意見書 (09/12 07:06)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/188311.html

●「どの新聞がいいのか」高校社説活用で道議会委でも質問 (09/15 07:06)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/188820.html

●「どの新聞がいいのか」高校社説活用で道議会委でも質問 (09/15 07:06)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/188820.html

主権者国民は、新政権と共に、教育への政治介入を許さない教育行政を実現しなければなりません。 そして、今こそ憲法に基づいて、真の主権者を育てる学校教育を樹立しなければなりません。

|

« 希望は自らが生み出す 米原子力空母は出て行け | トップページ | 核廃絶、「核のない世界」への希望が強まる 鳩山・オバマの連携 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/46222275

この記事へのトラックバック一覧です: 学校の授業に介入する 自民党道会議員、北海道教育委員会 :

» 学校教育の中での科学と宗教 [瀬戸智子の枕草子]
ほたるいかの書きつけのFSMさんが成果・効果・科学・思想(その2)というエントリ [続きを読む]

受信: 2009/09/16 12:06

» 「親子で新聞を読もう」という記事に対して [教育基本法の再改正を求める会]
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/c3793c2c2834b52224e153ef1cda5988/a5 [続きを読む]

受信: 2009/09/17 23:07

« 希望は自らが生み出す 米原子力空母は出て行け | トップページ | 核廃絶、「核のない世界」への希望が強まる 鳩山・オバマの連携 »