« 麻生首相の「自滅作戦」 「自公政権ノー」と地殻変動が始った 重くなる主権者の責任 政権交代を無駄にさせず、真の、憲法を生かした国民本位の民主政治を | トップページ | 夜が明ける。夜が明ける。 »

明日は投票日。 組織、地域、何者にも左右されず 一人の主体性を持った主権者の思考、行動で臨みたい。

いよいよ明日は、名実ともに、この一票を行使することによって、国の主権者、主人公になります。 国民を苦しめて来たこれまでの悪党政治をこの頭脳とこの手で追放出来ます。

今、この瞬間、人間としての尊厳をかけた最も主体的な思考、行動が要請されると思うと、緊張します。

また、これらを保障している、平和と民主主義の理念、条項をベースとした日本国憲法の偉大さに今更ながら感動します。

自分が属する組織や地域の幹部、決定などに左右されることなく、純粋に自分の信念、政治信条、政治判断、独自の政治行動に基づいてこの一票を投じたいものだと思っております。 それが、合法でもあるし、一人の主権者として、最も人間らしい、最も政治的な、真の民主政治を実現するための行動であるとの確信が湧いて来ます。 我が人生の中で最もこの主体が輝く一瞬でもあるとも思います。

日本国憲法(第15条4項)も、有権者が誰に、どの党に一票を投じたかを秘密にすること、いわゆる「投票の秘密」を保障しております。

#それにしても、戦前、大日本帝国憲法(明治憲法)のもと、国民は「臣民」として、天皇の「家来」の身分に貶められ、自由・権利を封殺され、まともに選挙に参加することが出来ませんでした。 往時の教訓を思い、民主的な現制度を作り上げた先達に感謝し、今日の日、この一票を心より大事にしたいと思ってしまいます。

|

« 麻生首相の「自滅作戦」 「自公政権ノー」と地殻変動が始った 重くなる主権者の責任 政権交代を無駄にさせず、真の、憲法を生かした国民本位の民主政治を | トップページ | 夜が明ける。夜が明ける。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/46061346

この記事へのトラックバック一覧です: 明日は投票日。 組織、地域、何者にも左右されず 一人の主体性を持った主権者の思考、行動で臨みたい。:

« 麻生首相の「自滅作戦」 「自公政権ノー」と地殻変動が始った 重くなる主権者の責任 政権交代を無駄にさせず、真の、憲法を生かした国民本位の民主政治を | トップページ | 夜が明ける。夜が明ける。 »