« 謀略ビラを許すな!! | トップページ | いよいよ主権者の出番だ。 主権者の威力と力量が問われる 衆議選だ。 »

「政治信条の自由」、「政治活動の自由」、「投票の自由」を守るために。「ぐるみ」選挙とたたかおう。

一人の人間として、これ程屈辱的なことがあるでしょうか!! 選挙に際して、他からの力で、強制で「政治信条の自由」、「政治活動の自由」、「投票の自由」を侵害される問題です。 この前近代的政治土壌が日本にはまだ残っているようです。 近代化、民主政治の実現には有権者、主権者国民の自覚と勇気あるたたかいを主体として、早急に克服しなければならない課題だと思います。

世上取り沙汰されている「ぐるみ選挙」:
「宗教団体ぐるみ」選挙、「企業ぐるみ」選挙、「労働組合ぐるみ」選挙、「自衛隊ぐるみ」選挙、「地域ぐるみ選挙」・・・

#「政党」の場合は、同一政治思想の人たちが形成する組織という性格から言って、別で、政党内における「政党ぐるみ」選挙などと非難される筋合いはありません。

一般組織のメンバーは、国の基本法である日本国憲法によって、一人一人、「政治信条の自由」、「政治活動の自由」、「投票の自由」などが保障されており、民主政治の主人公と位置づけられております。

組織の幹部、組織の決定などにより、特定候補者・特定政党の支持、支持拡大の活動を押し付け、個々のメンバーの「政治信条の自由」、「政治活動の自由」、「投票の自由」などを抑圧したら、民主政治を圧殺してしまうことになります。 たとえ決議機関であっても、個人の政治信条、基本的人権を侵害するような決定は許されません。

実に、今日本国民には、主権者として、自分の首を自ら締めつけるようなこと無く、民主政治を本物にするために、怜悧な理性と不屈の意志、暖かいハートが求められているのではないでしょうか。

「ぐるみ選挙」の克服は、今民主政治へのために避けて通れない最大の課題の一つだと思います。それはまた、「安心」の社会への最短距離でもあると思います。

日本国憲法15条には、【秘密投票の保障】を規定しております。 この条項が何よりの援軍です。 仮に「ぐるみ」選挙のたたいに敗れても、この条項を生かして、自分の信ずる候補者、政党に、自分の考えで、何物にも代えられないこの一票を投じましょう。 日本国憲法は素晴らしい!! この憲法を亡き者にしようと企んでいる者は誰だ!!

|

« 謀略ビラを許すな!! | トップページ | いよいよ主権者の出番だ。 主権者の威力と力量が問われる 衆議選だ。 »