« 64回目「長崎原爆の日」 核なき世界、共に歩もう | トップページ | 財源が有るのに消費税の増税  こんな理不尽  政党はもっと真剣に主権者国民の生活を考えるべきだ »

自民党、公明党を退場させ 最高裁裁判官の国民審査も改善しよう!!

国の「最高法規である憲法」を生かすために 真っ当な憲法の番人を主権者国民の手で確定しよう。

いよいよ主権者国民の出番。 主権者国民は忙しくなる。生き甲斐がある。

司法の独立と民主主義を守る国民連絡会議(鷲野忠雄幹事)の代表は10日、総務省内の中央選挙管理会を訪れ、最高裁判所裁判官の国民審査について運用の改善を申し入れました。国民審査は8月30日の総選挙と同時に実施されます。

申し入れ文書は、国民審査が「国民の最高裁判所裁判官に対する民主的コントロールとして憲法に明記する重要な制度」だと強調。裁判官の任命経過や適格性を判断する十分な資料を国民に提供するべきだと指摘。また、現行制度が、×印以外の白票を棄権票と区別することなく信任票として扱うなど、不合理な制度になっていると批判しています。

そのうえで(1)公報に裁判官の経歴・判例だけでなく、司法行政・最高裁のあり方に関する所信も掲載すること(2)白票はすべて信任票として扱われることを投票所に明示すること(3)投票したくない人は投票用紙を受けとらなくてよいことを周知すること―などを申し入れています。

|

« 64回目「長崎原爆の日」 核なき世界、共に歩もう | トップページ | 財源が有るのに消費税の増税  こんな理不尽  政党はもっと真剣に主権者国民の生活を考えるべきだ »