« これならすぐ実現出来る 政権交代、新政権の初仕事 | トップページ | 結局は 主権者国民の主体的政治判断が物を言う »

日本国民の命、命運を決するこの「核密約」 自民党、公明党は白を切っている

6党党首討論が22日のテレビ東京系番組「田勢康弘の週刊ニュース新書」で行われました。

共産党委員長の志位氏は、核兵器を積んだ米軍航空機・艦船の日本への飛来・立ち入りを認めた日米核密約文書(1960年)のコピーを示して、「核密約」の問題を追求いたしておりました。 「私どもは9年前に(当時の)不破委員長が国会でとりあげて、政府は『知らぬ存ぜぬ』でした。しかし、そのあと元外務事務次官たちも事実だといってきたわけで、『非核三原則』といいながら、『(核兵器を)持ち込ませず』の部分が空洞化しているのが実態だったと指摘していました。この密約をきちんと公開・廃棄し、名実ともに『非核の日本』になってこそ、初めて世界に向かって核兵器を捨てよという立場ができます。それから北朝鮮に対しても核兵器を捨てろと一番強い立場に立てます」と提起していました。

民主党の鳩山由紀夫代表は「政権をとってこの問題に関してはきちんと調査する。 その調査結果を国民のみなさんに公表する」ときっぱりと明言しました。

自民党総裁・首相・麻生太郎氏、公明党代表・太田昭宏氏はこの「核密約」を否定し、調査もしようとしておりません。

尚、鳩山氏は、米国の「核の傘」(拡大抑止)からは「今すぐには出るべきではない」と容認姿勢をみせました。

驚愕の極みです。 核兵器持込みが「密約」で決められていたなんて!!
何と国民はコケにされ、愚弄されてきたのでしょう。

この「核密約」問題は実に国民の命、命運の根底に関わる重大問題です。今、自公民の悪政を主権者国民の手で審判し、「核密約」問題も明らかにし、名実ともに「核兵器を持込ませず」を実現出来る戸口にさしかかっております。 ここが正念場です。 主権者国民の出番です。 この問題も重大な争点として、私は考えたいと思っております。 それが国民主権、選挙制度、政党間論戦、主権者国民間論戦の重要な意義でもあると思います。

|

« これならすぐ実現出来る 政権交代、新政権の初仕事 | トップページ | 結局は 主権者国民の主体的政治判断が物を言う »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/46035087

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国民の命、命運を決するこの「核密約」 自民党、公明党は白を切っている:

» 自民党 比例名簿 [ヲタのマニアニュースダイジェスト]
livedoor ニュース - 国連が48項目の懸念・勧告/放置できない 女性 ... 政府自身も、日本の現状を審査した委員会(7月23日)で、「国際的にみると、我が国の男女共同参画の進展が遅いことは残念ながら否めません」(自民党・南野知恵子参院議員)と認めています。女性団体は政府のとりくみの遅れを「政治的意思の ...(続きを読む) 今日の誕生日花 - 小さい花のミクロの世界へ - 楽天ブログ(Blog) 民主党圧勝の予想の中で、自民党候補たちは、 最後のあがきを見せる候補者がいれば、諦めた... [続きを読む]

受信: 2009/08/26 15:42

» 【核密約】政権交代を実現させ、官僚が隠蔽した情報を公開させよう!【不都合な真実】 [ステイメンの雑記帖 ]
 「お任せ民主主義」では無く、国民が主体的に動く健全な民主主義を育成するためには、 行政情報のディスクロージャーと政府によるアカンタビリティーの充実は必要不可欠 である。  然るに我が国においては、半世紀以上続くシロアリ体制派による支配下のもと、 霞が関の特権官僚どもが重要な情報を独占し隠蔽 してきた。  その端的な例が、度重なる薬害等であるわけだが、外交・国防面でも顕著に現れてきている。  無論、我が国の国益に絡む事が多い問題である為、 機密保持が重要 であるのは言うまでもない。  だが実際には、... [続きを読む]

受信: 2009/08/26 21:35

« これならすぐ実現出来る 政権交代、新政権の初仕事 | トップページ | 結局は 主権者国民の主体的政治判断が物を言う »