« 「政治信条の自由」、「政治活動の自由」、「投票の自由」を守るために。「ぐるみ」選挙とたたかおう。 | トップページ | 待ちに待った総選挙。 根源的課題は? 8割から9割の人が、今度の選挙に関心を持ち、投票に行く!! »

いよいよ主権者の出番だ。 主権者の威力と力量が問われる 衆議選だ。

選挙の時ほど、有権者が政治に関心を持ち、行動にも参加する時はありません。 国民の政治意識や行動が最も盛り上がる時ではないでしょうか。

リアルに主権者であることを感じ、暮らしと生活を壊す悪代官政治を、夢ではなく、現実に、この手で追放出来るのだ!! いよいよ衆議選だの気持ちが高揚します。

今、最も、主権者として、国の主人公として、真の力を発揮する時に立ち至りました。 かっての侵略戦争時の、国民が天皇の家来と目せられた日本の軍国主義政治下では、到底考えられない時代になりました。

公示になった今こそ、主権者として、政治を論じ、政治活動を行い、主権者国民の願う、命を守り、豊かな生活、自由・権利、平和を実現すべき絶好の機会が訪れました。

選挙法も選挙のルールは規定していますが(「べからず選挙」の典型だけれども)、主権者国民のマニフェストである日本国憲法には逆らうことは出来ません。

私達bloger、ブロガーは、細心にして大胆に、萎縮したり、自己規制することなく、この好機を逃さず、大いに政治、政策を論じ、行動し、悪代官政治を退場させ、悔いなく、新しい国民本位の民主政治を生み出すべく、主権者として威力と力量を示そうではありませんか。

|

« 「政治信条の自由」、「政治活動の自由」、「投票の自由」を守るために。「ぐるみ」選挙とたたかおう。 | トップページ | 待ちに待った総選挙。 根源的課題は? 8割から9割の人が、今度の選挙に関心を持ち、投票に行く!! »