« 日本国民の命、命運を決するこの「核密約」 自民党、公明党は白を切っている | トップページ | 麻生首相の「自滅作戦」 「自公政権ノー」と地殻変動が始った 重くなる主権者の責任 政権交代を無駄にさせず、真の、憲法を生かした国民本位の民主政治を »

結局は 主権者国民の主体的政治判断が物を言う

「民主、300議席うかがう勢い 自民苦戦、半減か」、「民主300議席超す勢い」、「民主320議席超す勢い」―各紙の情勢分析です。麻生太郎首相は街頭演説で、政党の「責任力」を力説しますが、長年にわたって国民の暮らしをズタズタにした自民党政治への批判は止まりません。

ここまで、自民党政治を追い込んだ主権者国民、野党緒党の力に確信が湧いて来ます。

いま進行しているのは「自公政治ノー」の流れです。民主党の議席獲得予想が高いからといって、その政策や路線が支持されているわけではありません。 どの世論調査でも、民主党が目玉とする「子ども手当」や「高速道路無料化」の政策にたいし、「評価しない」という声が6割、7割に達しています。 民主党中心の政権ができて「よい方向に向かう」は、「朝日」の調査で24%しかありません。

民主党への不安、勝ちすぎへの懸念が目立ちます。 まさに、これからが正念場です。

問われて来ているのは、主権者としての国民の政治判断力ではないでしょうか。 政治の源は実に主権者国民に発するからであります。 これをやり遂げる、科学的、主体的な力、力量がなければ、この難事業は乗り越えられません。 思うだけでも緊張し、武者震いがします。 投票まであと3日を後にして。
  

|

« 日本国民の命、命運を決するこの「核密約」 自民党、公明党は白を切っている | トップページ | 麻生首相の「自滅作戦」 「自公政権ノー」と地殻変動が始った 重くなる主権者の責任 政権交代を無駄にさせず、真の、憲法を生かした国民本位の民主政治を »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/46044058

この記事へのトラックバック一覧です: 結局は 主権者国民の主体的政治判断が物を言う:

« 日本国民の命、命運を決するこの「核密約」 自民党、公明党は白を切っている | トップページ | 麻生首相の「自滅作戦」 「自公政権ノー」と地殻変動が始った 重くなる主権者の責任 政権交代を無駄にさせず、真の、憲法を生かした国民本位の民主政治を »