« 核廃絶への歴史的第一歩 オバマ発言 日本の出番だ | トップページ | 遂に血塗られたソマリア沖 海賊対策 眼には眼を? »

<緊急> 自衛隊海外派兵 海賊対処法案 いよいよ衆院で審議入り これは半端じゃない問題だ。

いよいよ海賊対処法案が審議入りしました。現在、将来の日本にとって極めて重大な問題を孕んでおります。それこそ、じっくり時間をとって、海賊の原点に迫り、その根絶を期して、国民皆審議が必要です。新聞、テレビは内容、問題点を主権者国民に詳細、丁寧に伝える義務があります。 とりあえず、ネットを探してみたら次の2本の情報を得ました。 泥縄の、問答無用の対処療法で済むような、おざなりの問題でないということを痛感しました。

*******************************
asahi.com
海賊対処法案、衆院で審議入り 外国船籍も保護対象など2009年4月14日13時15分
      
 ソマリア沖・アデン湾の海賊対策に自衛隊を派遣するため、政府が提出した海賊対処法案が14日、衆院本会議で審議入りした。自衛隊は自衛隊法に基づく海上警備行動の発令を受け、3月末から現場海域で活動を始めているが、政府・与党は今国会での法案成立をめざしており、成立後は派遣根拠を切り替える。

 法案は、海警行動では認められていない日本と無関係の外国商船も保護対象にしたうえで、(1)海賊行為を定義し、海賊罪を新設(2)停船命令に応じなければ船体射撃が可能(3)首相は海賊対処行動の承認時と終了時に国会へ報告する――などを定めている。

 一方、民主党は、(1)首相を長とする海賊対処本部を新設し、その下で自衛隊が「海賊対処隊」として活動(2)自衛隊派遣に際し、国会の事前承認を義務づける――とした対案をまとめている。今後、法案審議と並行して与野党間で修正協議が始まっても、国会の事前承認について政府高官は「迅速性を考えると事後の承認で十分だ」としており、協議は難航する可能性がある。

 ただ、法案が衆院を通過しても民主党などが参院で採決しない場合、成立には「60日ルール」を使っての衆院再可決が必要。6月3日までの今国会会期の延長が不可欠になる。(石松恒)
http://www.asahi.com/politics/update/0414/TKY200904140096.html
******************************

******************************
2009年4月14日(火)「しんぶん赤旗」
きょう審議入り「海賊対処」派兵新法案
与党・民主「修正」の動き

 政府が国会に提出している「海賊対処」派兵新法案が十四日の衆院本会議で審議入りしますが、ここにきて与党・民主党間での「修正」協議という危険な動きが浮上しています。

 同法案は特別委員会で審議されますが「定例日」がありません。政府・与党は委員会を連日開催し、スピード審議を狙っています。自民党の大島理森国対委員長は十三日、各党国対委員長を個別に訪ね、法案の月内衆院通過を目指す意向を示しました。河村建夫官房長官も同日の記者会見で、「海賊対処法案は一日も早く成立を期さなければならない」と強調しました。

政府案を追認
 これに対し民主党は「修正」案を提出し、与党との「修正」協議に持ち込む方針です。「修正」案は、十五日に開かれる同党「次の内閣」閣議で正式に決定する予定です。政府内にも「修正」を容認する動きがあります。与党と民主党の「修正」協議が整えば、十分な審議なしに法案が強行される可能性が高まります。

 政府案は、海上保安庁では海賊に対応しきれない場合に自衛隊の出動を認め、期間も地理的範囲も限定しない恒久法となっています。さらに海賊の「進行を停止」させるため武器使用基準の拡大を認めています。海賊との交戦を想定し「任務遂行上の武器使用」を認めるのは、これまでの海外派兵法を超える憲法破壊の動きです。

 これに対し、民主党「修正」案は、政府案の重大な問題点を追認するものです。

公然と求める
 九日に同党外務防衛部門会議に示された「修正」案骨子によると、主な「修正」点は、自衛官を派遣する場合に、首相を責任者として設置される「海賊対処本部」の「隊員」の身分を併有させ、警察活動としての「形式」を維持するというもの。自衛隊の派兵、武器使用基準の拡大そのものに変更はありません。

 民主党衆院議員の一人は「実態は自衛隊の派遣かもしれないが、警察活動を行うわけだから仕方がない」と言います。他方、参院議員の一人は「形式的な修正に意味はない。自衛隊をそのまま出せばいい」と“小手先”の「修正」ではなく、自衛隊の派兵を公然と求めています。

 党内では「西松献金問題で抵抗力が弱まっているうえ、北朝鮮ミサイル問題でも、海賊問題でも世論が与党の対応を支持している中で、基本的に反対はできないという声が大勢だ」と言います。(中祖寅一)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-04-14/2009041402_05_0.html
********************************

|

« 核廃絶への歴史的第一歩 オバマ発言 日本の出番だ | トップページ | 遂に血塗られたソマリア沖 海賊対策 眼には眼を? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/44671784

この記事へのトラックバック一覧です: <緊急> 自衛隊海外派兵 海賊対処法案 いよいよ衆院で審議入り これは半端じゃない問題だ。:

»  海賊が「報復」宣言=相次ぐ人質救出で過激化懸念−ソマリア沖 [政治]
事態は予想どうり悪化してきました。 あらためて、ソマリア沖への自衛隊派遣に抗議します。 安易な武力介入が恐ろしい怠慢であることに早く気づいて欲しいです。 海賊が「報復」宣言=相次ぐ人質救出で過激化懸念−ソマリア沖 4月14日配信 時事通信 ・・・・・・ ソマリア沖では米軍が12日に海賊3人を、仏軍が10日に海賊2人を射殺した。CNNによると、ある海賊は現地の報道関係者に「今後、人質の中に米国やフランスの兵士が含まれていれば殺害する」と語ったとされる。AFP通信も「捕らえられた米国人は今後、われわれ... [続きを読む]

受信: 2009/04/15 11:27

» NO.1085 歴史に禍根を残す4月14日。 [大脇道場]
 落ち目の自公政権が、日本の平和と安全を脅かす悪法を駆け込み的に次々に強行している。  4月14日、「グアム協定」を可決した衆院本会... [続きを読む]

受信: 2009/04/15 13:13

« 核廃絶への歴史的第一歩 オバマ発言 日本の出番だ | トップページ | 遂に血塗られたソマリア沖 海賊対策 眼には眼を? »