« 「森田健作」に驚きの新事実 | トップページ | アメリカとソマリアの因縁 ソマリア沖海賊 根治的対策 »

警察活動の枠を超える!! 海賊対策 ソマリア沖派兵法案 

十七日の衆院「海賊対処」特別委員会において、日本の進路を左右する極めて重大な審議が行われました。

--------------------------------
   日本共産党の赤嶺政賢議員は十七日、衆院「海賊対処」特別委員会で、「ソマリア沖での自衛隊の活動は、政府が説明する『警察活動』には収まりきらない」と指摘しました。

 赤嶺氏は、ソマリア沖の海賊問題に関連して昨年採択された国連安保理決議が、軍事的強制措置などを定めた国連憲章第七章に言及し、海賊抑止のために空爆を含む「あらゆる必要な措置をとることができる」と規定していることを指摘。「『海上警備行動』によるソマリア沖への自衛隊派兵は国連安保理決議に基づいているのか」と質問しました。浜田靖一防衛相は「国連安保理決議も考慮した」と認めました。

 さらに、「海賊対処」派兵法が成立し、ソマリア当局の同意や要請を受けた場合、安保理決議に従って、ソマリア領海に進入することは可能かと追及。金子一義国交相は「基本的に想定していない」とした上で、「海賊を追跡して領海に立ち入ることは本法案上、可能だ」と述べ、領海内での海賊取り締まりを想定していない国連海洋法条約を超えた内容であることを認めました。

 赤嶺氏は、安保理決議に基づいて自衛隊をソマリア沖に派兵し、「海賊対処」を通じてソマリア問題に軍事的に関与することは、「『警察活動』と言えない」と批判しました。
--------------------------------

安保理決議に基づいて自衛隊をソマリア沖に派兵し、「海賊対処」を通じてソマリア問題に軍事的に関与することは、「警察活動」の枠を超えた許されざる行動です。 ソマリア派兵法案の内容は現憲法下では絶対許されないものです。 それをヌケヌケトとタイムリミットで、国民に内容が知られないうちに、審議を打ち切り、連休前に出口を決めて仕上げようとしております。 今、やっと審議の中で重要な内容が明らかにされてきたばかりです。 今後、時間を十分取って、国民の前で、国会において更なる深い審議、解明をしなければならない問題が山積しております。  国民の命運がかかっているのです。この重大な問題を徹底的に審議することなくして、国会は何をするために存在しているのでしょうか。

|

« 「森田健作」に驚きの新事実 | トップページ | アメリカとソマリアの因縁 ソマリア沖海賊 根治的対策 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/44730221

この記事へのトラックバック一覧です: 警察活動の枠を超える!! 海賊対策 ソマリア沖派兵法案 :

» 【ソマリア沖】「国会の事前承認」がない限り「海賊対処法案」には反対【脱法行為】 [ステイメンの雑記帖 ]
 我が國が昭和10年代、主に旧帝国陸軍の現地部隊の暴走により泥沼の戦争に引きずり込まれ、挙げ句の果てに亡国の憂き目にあってからほんの60年余りしか経過していない。  そのような経験にも拘わらず、 コイズミ以降の自公シロアリ政権どもは、歴史に学ぼうとせず「自衛隊」という軍事力を安易に弄んでいる。  そんな中、日本近海における緊急的な海上治安維持活動を想定した 「海上警備行動」という脱法行為 によって東アフリカ・ソマリア沖くんだりまで出かけた海自護衛艦2隻は、 政府の事前説明と大きく異なる活動を強いられ... [続きを読む]

受信: 2009/04/20 22:13

« 「森田健作」に驚きの新事実 | トップページ | アメリカとソマリアの因縁 ソマリア沖海賊 根治的対策 »