« ミサイル防衛(MD)システムは無力。 政府筋が「突然撃ってきたら当たるわけがない」と言明。 | トップページ | 「政治とカネの問題」は9分9厘まで解決 主権者国民の力 »

「企業・団体献金」 全方位からの学習をして見ました。

「政治とカネの問題」は古くて新しい問題であり、大変重要な問題であり、主権者としても絶対にゆるがせに出来ない真剣勝負です。特に国民主権という民主政治政治の実現のためには、この解決がどうしても避けられない核心に座る問題であります。

今回、準大手ゼネコン「西松建設」からの政治団体を偽装した違法な献金をめぐり、政治資金規正法違反(虚偽記載など)で東京地検特捜部に逮捕された、小沢一郎民主党代表の政策第一秘書(小沢氏の資金管理団体の会計責任者)が、勾留期限の二十四日起訴されました。

一人の主権者として、自分はどのように考えたらよいのか。 ネット内に様々な参考資料を尋ねました。 特に興味を惹かれたのは、企業・団体献金も、政党助成金も受けていないという日本共産党の見解です。 

日本共産党の市田忠義書記局長は二十四日、国会内で記者会見し、小沢一郎民主党代表の秘書起訴と小沢氏の説明について次のように語っておられます。

#インターネットは資料の宝庫。世界の図書館。人間死ぬまで学習といったころです。

----------------------
 一、この問題は、単なる政治資金収支報告書の記載ミスという「形式犯」ではなく、西松建設から長年にわたり多額の献金を受けた事実を国民の目から覆い隠そうとした疑いのあるもので重大だ。政治資金規正法の根本精神を踏みにじる行為といわなければならない。

 政治資金規正法の立法の趣旨は、癒着や政治腐敗を防止するために政治資金の収支の公開を通じて政治活動が国民の不断の監視と批判の下におかれるようにすることだ。法の定めにのっとって、公正で厳正な措置がとられるべきだ。

 一、小沢氏は、政治資金規正法の記載の仕方の認識の差と述べただけで、起訴事実への反論はいっさいなかった。これまで多額の献金を受けながら、相手がどういう団体かなど「せんさくしないのが常識だ」といった。このような説明に国民は納得しない。

 小沢氏はもちろん、民主党も自ら疑惑の実態を解明し、国民に説明する責任がある。同党は公共事業受注企業からの献金禁止法案を提出し、マニフェストに掲げながら、党首自らそれを踏みにじったこと、なぜ献金元を隠す必要があったのかなど、疑惑の全容を国民の前に明らかにすべきだ。

 これは二階俊博経済産業相など疑惑をかけられている議員がいる自民党も同様である。

 一、司法による事件の解明と並行して、国会が事実解明と政治的・道義的責任を明らかにするために責任を果たすことが求められている。

 一、金権腐敗の大本にある企業・団体献金はただちに禁止すべきだ。税金の山分けである憲法違反の政党助成金も禁止すべきだ。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2009-03-25/2009032501_02_0.html
----------------------

|

« ミサイル防衛(MD)システムは無力。 政府筋が「突然撃ってきたら当たるわけがない」と言明。 | トップページ | 「政治とカネの問題」は9分9厘まで解決 主権者国民の力 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/44465574

この記事へのトラックバック一覧です: 「企業・団体献金」 全方位からの学習をして見ました。:

» 赤旗志位之助はイチローくんを見習え [BLOG BLUES]
イチローくん狙い撃ちに、俄に浮き足立った 左派・市民派ブログシーンに冷や水を浴びせるべく、 「イチローくんは最良の保守政治家」 「イチローくんが反権力なわけないっしょ」 「イチローくん狙い撃ちを陰謀論で読み解く」と、トイチペースの当ブログ としては異例の更新頻度で、シリーズエントリーをUPしたのだが。 それにしても、イチローくんを慕う余り、企業献金はいいことだ とまで宣ったブロガーは、完全にハシゴ外されちゃったね。 当のイチローくんが、企業献金の全面禁止を言い出したのだから。 教... [続きを読む]

受信: 2009/03/26 14:09

« ミサイル防衛(MD)システムは無力。 政府筋が「突然撃ってきたら当たるわけがない」と言明。 | トップページ | 「政治とカネの問題」は9分9厘まで解決 主権者国民の力 »