« 「賃上げ否定」論が崩されました。 | トップページ | 世論の力 「企業・団体献金の全面禁止」 »

民主党代表小沢一郎氏も「企業・団体献金全面禁止」

民主党代表の小沢一郎氏が、 「禁止するということであれば、企業献金、今回問題になっている団体献金、これを全面的に禁止するということだ」と、十七日の記者会見で発言しました。

続いて、十八日には、「次の衆院選の政権公約に盛り込んでも構わない」とまでのべました。 

公党の代表の公での発言ですから、これには重みがあります。

国会では、既に政治家「個人」への企業・団体献金禁止を実施し、「政党」への禁止も約束しているのですから、当然と言えば当然です。 遅きに失した感もあります。 

真の近代政党、真の民主政治を日本に実現するためには、絶対に欠かせない「企業・団体献金禁止」。 ようやく、その実現への途への第一歩を歩むという事になりました。 これまで永い間、企業・団体献金禁止を悲願として、その実現を絶叫してきた世論の力がやはり大きかったと、感無量です。

しかし、油断は出来ません。 これからが正念場です。 主権者国民が、来る衆議院選挙で、どれだけ、企業・団体献金を受けて民主政治を歪めている政治勢力の国会進出を阻めるかが、勝負の分かれ道となります。 主権者国民の力量が問われております。

|

« 「賃上げ否定」論が崩されました。 | トップページ | 世論の力 「企業・団体献金の全面禁止」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/44398339

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党代表小沢一郎氏も「企業・団体献金全面禁止」:

» NO.1042 政治資金の抜け道と小沢一郎 [大脇道場]
 小沢一郎が動き出した。昨日、民主党に企業・団体献金の「全廃」を検討するように指示したというのだ。           民主党は、... [続きを読む]

受信: 2009/03/19 19:47

» 民主党は「戦う政党」に戻らねばならない [vanacoralの日記]
これでまたしばらくは民主党が西松建設問題に足元をすくわれる事になるのかと思うと、とりあえず千葉県知事選での民主系候補の敗北は確実かも。 ■小沢代表「ここで戦わなければ、国民のためにならない」(3月19日付読売新聞)  民主党の小沢代表は19日夜、東京・銀座の... [続きを読む]

受信: 2009/03/20 00:28

« 「賃上げ否定」論が崩されました。 | トップページ | 世論の力 「企業・団体献金の全面禁止」 »