« 今年こそ、「人間らしく働ける職場を」、「老後を安心してくらしたい」。 | トップページ | イスラエルとハマスは安保理ガザ停戦決議を守れ »

ローマ法王 初めてガリレオの地動説を公式に認める。

ローマ法王ベネディクト十六世(八一)は昨年十二月二十一日、ローマ法王庁(バチカン)で信者らを前に、天文学の父、ガリレオ・ガリレイについて「彼の研究は(キリスト教の)信仰に反していなかった」と述べ、同十六世として初めてガリレオの地動説を公式に認めました。 法王はまた、「ガリレオは神の業と自然の法則をわれわれに教えてくれた」と強調しました。【ローマ08/12/22日共同】

今年2009年は、ガリレオが望遠鏡で天体観測してから の400 年を記念して、ユネスコ(UNESCO)が制定した国際天文年に当たります。 

ローマ法王がガリレオを記念した「国際天文年」に関連してコメントを行うことは極めて異例の出来事です。

それにしても、ローマ教皇庁内部にはガリレオの宗教裁判には問題はなかったとする考えが裁判から400年近く経過した現代においても依然として強く残っておったわけです。 キリスト教(カトリック)においては科学的真理の認識がどのように受け止められるのか、大変参考になりました。 今更ながら人類史のダイナミックな発展に驚嘆させられました。

|

« 今年こそ、「人間らしく働ける職場を」、「老後を安心してくらしたい」。 | トップページ | イスラエルとハマスは安保理ガザ停戦決議を守れ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/43668592

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ法王 初めてガリレオの地動説を公式に認める。:

« 今年こそ、「人間らしく働ける職場を」、「老後を安心してくらしたい」。 | トップページ | イスラエルとハマスは安保理ガザ停戦決議を守れ »