« 大転換の時代。 逆噴射、自滅する麻生自公政権。 | トップページ | 資本主義万歳。 OR  資本主義を科学のまな板の上に。 »

在日米軍の再編経費として二〇〇九年度予算案に約一千億円 O八年度予算の5倍も 防衛省予算

防衛省は九日までに、在日米軍の再編経費として二〇〇九年度予算案に約一千億円を計上するよう要求する方針を決め、財務省と事前調整に入りました。〇八年度予算(百九十一億円)の約五倍で、防衛省は軍事費(防衛関係費)とは「別枠」として扱うよう求めています。

約一千億円のうち約四百億―五百億円は、在沖縄米海兵隊の移転を口実にした、グアムでの司令部棟や隊舎の建設費などです。〇八年度予算では調査費(約四億円)が計上されていますが、建設費の計上を要求したのは初めてです。米国領の軍事基地建設費を外国政府が負担する例は過去にありません。 どだい外国に外国の基地をつくるのに金を出す国などというのは前代未聞です。

在日米軍再編を担当した米国防総省幹部は再編経費の総額が三兆円に上ると明言しています。防衛省は今後も巨額の再編経費を計上し続けなければならないことから通常の軍事費とは「別枠」扱いにすることを要求。これに対し財務省は難色を示しているとされます。

国民の生活を削り、痛めつけている麻生自公政権には即刻退場してもらいたいものです。

諸悪の根源、米軍基地を撤去せよ。 【半世紀以上】にもわたるアメリカの軍事基地、アメリカによる主権侵害は、もう御免だ。

|

« 大転換の時代。 逆噴射、自滅する麻生自公政権。 | トップページ | 資本主義万歳。 OR  資本主義を科学のまな板の上に。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/43420458

この記事へのトラックバック一覧です: 在日米軍の再編経費として二〇〇九年度予算案に約一千億円 O八年度予算の5倍も 防衛省予算:

» 在日米軍再編に689億円 [そこ気になるニュース]
在日米軍再編に689億円、普天間移設の進行が焦点に [続きを読む]

受信: 2008/12/22 12:38

« 大転換の時代。 逆噴射、自滅する麻生自公政権。 | トップページ | 資本主義万歳。 OR  資本主義を科学のまな板の上に。 »