« 日本社会を滅亡させる 二大重要会議があった。 | トップページ | どう考えても腑に落ちない 政党助成金 総額三百十九億四千百万円 »

専門の経済学者が、「新自由主義」を批判 擁護を懺悔 中谷巌氏

構造改革の旗を振り、テレビ等にも出演し、大企業、政府のブレーンとしても有名だった経済学者で一橋大学名誉教授、中谷巌氏が本を出したそうです。

題して、『資本主義はなぜ自壊したのか-「日本」再生への提言』

この本の宣伝文句:
------------------------------------
これは私の『懺悔の書』である――。
 「構造改革の急先鋒」といわれてきた著者は、なぜグローバル資本主義に疑問を!?
 広がる格差、止めどない環境破壊、迫り来る資源不足、そして未曾有の金融危機――。すべての元凶は新自由主義にあった。構造改革は日本人を幸福にしたかを検証する。
-------------------------------------

巷では様々な反応が出ています。
・「転向」したのか。
・中谷氏を信じて新自由主義に同調し、構造改革の波に呑まれていった人々はどうなるか。
・世の中の人をさんざん間違えた方向に導いた末に「私は間違っていました。本当に正しいのはこうでした」ということを知らせるにあたって、この大不況のご時世に「内容を知りたければ1,765円いただきます」というのだから呆れる。
・しかし、「懺悔」もせず、「すべての元凶」である新自由主義と構造改革の旗をまだ振り続けている人もいるぞ。

それはともかく、「広がる格差、止めどない環境破壊、迫り来る資源不足、そして未曾有の金融危機――。すべての元凶は新自由主義にあった」と、新自由主義の誤りを認め、新自由主義擁護の前言を取り消し、否定した専門の経済学者が出て来たということは、特筆に値します。

構造改革路線を引きずり、なお国民を苦しめている麻生自公政権を何としても早急に引きずり降ろさなければなりません。 彼らの政策には一分の理もありません。

また、中谷氏の懺悔は、資本主義、近代経済学を検証するうえでも、大変意義のあることです。 更なる日本の経済学の発展が嘱望されるところです。

|

« 日本社会を滅亡させる 二大重要会議があった。 | トップページ | どう考えても腑に落ちない 政党助成金 総額三百十九億四千百万円 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/43466647

この記事へのトラックバック一覧です: 専門の経済学者が、「新自由主義」を批判 擁護を懺悔 中谷巌氏:

« 日本社会を滅亡させる 二大重要会議があった。 | トップページ | どう考えても腑に落ちない 政党助成金 総額三百十九億四千百万円 »