« ドギモ抜かれた 「首切り許せない」活動 ネット社会の情報 | トップページ | 思想・信条や党派、宗派など、立場の違いを超えて 参加する顔ぶれや人数は大きく広がり重層的になった 「九条の会第3回全国交流集会」終る 孫、ひ孫の代と共に 国際平和の根となって »

歌われ続ける憲法の心 それは人類の心 

うたごえ祭典in東京二日目の二十三日、東京・千代田区の日比谷公会堂で、うたごえ運動六十周年記念音楽会が開かれました。会場が満員となる二千人が参加しました。

作曲家の林光さんと外山雄三さんが作曲した交響曲「五月の歌」が、外山さんの指揮で演奏され、合唱とオーケストラ総勢二百五十人による迫力の演奏が会場を包みました。憲法施行四十周年を記念してつくられた曲で、未来への理想、個人の尊厳、共生など憲法の心がうたわれており、外山さんは、「“この憲法あって当たり前でしょ”というみなさんと同じ気持ちで指揮をした」と語りました。

今回の記念祭典のために祭典総監督の池辺晋一郎さんが作曲した「私たちが進みつづける理由」や青年たちが「自分たちの平和の歌を」と作った曲も演奏され、うたごえの広がりを感じさせました。

|

« ドギモ抜かれた 「首切り許せない」活動 ネット社会の情報 | トップページ | 思想・信条や党派、宗派など、立場の違いを超えて 参加する顔ぶれや人数は大きく広がり重層的になった 「九条の会第3回全国交流集会」終る 孫、ひ孫の代と共に 国際平和の根となって »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/43209253

この記事へのトラックバック一覧です: 歌われ続ける憲法の心 それは人類の心 :

« ドギモ抜かれた 「首切り許せない」活動 ネット社会の情報 | トップページ | 思想・信条や党派、宗派など、立場の違いを超えて 参加する顔ぶれや人数は大きく広がり重層的になった 「九条の会第3回全国交流集会」終る 孫、ひ孫の代と共に 国際平和の根となって »