« 「軍事力では(テロは)絶対になくならない。ますます拡大する」 | トップページ | 政権与党の断末魔の姿 麻生総理のパフォーマンス »

きちっと文民統制が出来る衆議院、政府をつくる。 これも総選挙の課題だ。

自衛隊の田母神前幹部が自身の更迭をめぐり、自らの考えは森喜朗氏ら二人の元首相に理解されていると述べたそうです。 何のことはない、政権党の幹部が応援していたわけです。

来る総選挙においては、国民生活の向上、格差是正等の課題とともに、国民の生存がかかった問題として、自衛隊に対してきちっとした文民統制が出来る衆議院、政府をつくるということも重要な課題になって来ました。 主権者国民の力量がこれ程、リアルに問われる時があったでしょうか。

田母神自衛隊前幹部は国会招致の場で、ヌケヌケと憲法改悪の必要性をほざいています。憲法を蹂躙している者が主権者国民に対して挑戦状を突きつけて来ました。 まさに、主権者国民に対しての居直り強盗そのものです。

|

« 「軍事力では(テロは)絶対になくならない。ますます拡大する」 | トップページ | 政権与党の断末魔の姿 麻生総理のパフォーマンス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/43081697

この記事へのトラックバック一覧です: きちっと文民統制が出来る衆議院、政府をつくる。 これも総選挙の課題だ。:

« 「軍事力では(テロは)絶対になくならない。ますます拡大する」 | トップページ | 政権与党の断末魔の姿 麻生総理のパフォーマンス »