« イラク国民の抵抗の力、米国民の反戦の力、日本国民の平和への力、全世界の平和への力による成果。イラク派兵航空自衛隊の撤収。 | トップページ | イラクからの自衛隊撤収命令に対する声明 主権者国民、自衛隊イラク派兵差止訴訟の会の勝利 »

党首討論に代わって 「死へ向かう日本の政治」に明快な処方箋

政治学者五十嵐仁さんのblogが明快です。
http://igajin.blog.so-net.ne.jp/
------------------------------------
 日本社会が抱えている最大の問題は、労働力の維持と再生産が不可能になりつつあるということです。働く人々がいなくなれば、その社会は崩壊するしかないということは、誰にでも分かる真理でしょう。
 今の日本は、そのような社会へと変容しつつあります。残念ながら、自滅への道を歩み始めているということです。
 昨年からの総人口の減少、それ以前からの生産年齢人口の縮小、そして、最近になってから深刻化しているワーキング・プアの増大。これらの事実こそが、日本がたどり始めた自滅社会の指標です。

 そもそも、働いても生活できないような社会は、持続可能性を放棄しています。自らの労働によって自らの生存を維持できなければ、死滅するしかありません。
 自らの個体を維持できない人が、結婚して家庭を持ち、新たな生命を育むなどということができるはずがないでしょう。普通に働いて普通に生活できるということは、労働力の維持だけでなく、その再生産をも可能にするものでなければなりません。
 かつての日本社会は、そのようなものだったはずです。しかし、今日の日本では、そのようなことは、もはや見果てぬ夢になってしまいました。

 その結果、三つの大きな問題が生じています。
 一つは、日本社会の規模が縮小を始めたということです。先に指摘した人口の減少です。この趨勢が続けば、やがて日本という国は消滅し、この世界からなくなってしまうでしょう。
 第二は、企業活動の停滞です。企業は、基本的には、雇われて働く労働力なしには存立できません。勤勉で優秀な労働力の維持と再生産は、労働者にとって必要であるだけでなく、企業活動にとっても必要不可欠なのです。
 第三は、日本産業の成長可能性の消滅です。時代の要請は、外需依存から内需拡大へと変化していますが、この内需を支えるのはこの国で働く人々です。その人々の購買力が低下すれば個人消費も停滞し、物が売れなくなります。産業化が進んだ国では、生産者は同時に消費者でもあるということを忘れてはなりません。・・・more
--------------------------------------

|

« イラク国民の抵抗の力、米国民の反戦の力、日本国民の平和への力、全世界の平和への力による成果。イラク派兵航空自衛隊の撤収。 | トップページ | イラクからの自衛隊撤収命令に対する声明 主権者国民、自衛隊イラク派兵差止訴訟の会の勝利 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/43277408

この記事へのトラックバック一覧です: 党首討論に代わって 「死へ向かう日本の政治」に明快な処方箋:

» 【雇用カット】派遣社員をとりまく厳しい環境が理解できないアホウ首相に為政者たる資格無し【貧困拡大】 [ステイメンの雑記帖 ]
 28日に行われた党首討論において、10月30日にアホウ首相が発表した 追加経済対策の裏付けとなる2次補正予算の早期提出を迫った小沢民主党代表 に対し、「政策より政権維持」を優先するアホウ首相は言うに事欠いて、「景気を考えるなら21年度本予算が一番肝心だ。1次、2次、本予算の“3段ロケット”できちんと対応すべきだ。1月早々に通常国会を開催し、本予算も含めて提出したい」などと発言し、 あくまで来年1月に先延ばす考え を崩さなかった。  だが、 世界的に進む急速な景気後退 に伴う経済状況はアホウ首相が考... [続きを読む]

受信: 2008/11/30 21:58

« イラク国民の抵抗の力、米国民の反戦の力、日本国民の平和への力、全世界の平和への力による成果。イラク派兵航空自衛隊の撤収。 | トップページ | イラクからの自衛隊撤収命令に対する声明 主権者国民、自衛隊イラク派兵差止訴訟の会の勝利 »