« 新しい灯が点された。 若者たちの自覚と逆境を変える強い意志。 いよいよ日本にも始動。 | トップページ | 主権者が怒れば政治は変えれる »

地方で生じている地殻変動の地鳴りが聞こえないのか。 麻生首相。

政権党自民党は、官僚に対して、資料提出の「事前検閲」までして、「国民の知る権利」を奪い、急場をしのごうと躍起となっています。 日増しに主権者国民が怒ってくるのは当然です。

五十嵐仁さんのblog。
http://igajin.blog.so-net.ne.jp/
-----------------------------------------
他方、中央の政治に先立って、地方政治ではこれまでにない大きな変化が生まれているようです。自公推薦の現職が相次いで敗れているからです。
昨日投票の千葉県四街道市長選で自民・公明推薦の現職である高橋操候補が、無所属新人でNPO理事の小池正孝候補に敗れました。石川県の羽咋市長選でも、自民・公明推薦の現職である橋中義憲候補が、無所属新人の山辺芳宣候補に敗れています。
そういえば、9月7日、京都市南区での市議補選で自民党と共産党の一騎打ちの結果、共産党候補が1万票以上を獲得し、自民党候補に2000票以上の差をつけて圧勝するということがありました。・・・
-----------------------------------------

|

« 新しい灯が点された。 若者たちの自覚と逆境を変える強い意志。 いよいよ日本にも始動。 | トップページ | 主権者が怒れば政治は変えれる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/42712807

この記事へのトラックバック一覧です: 地方で生じている地殻変動の地鳴りが聞こえないのか。 麻生首相。:

» 『モヤモヤ感の進化』と『スローライフ』の実現 [関係性]
 連日の金融不安による株価下落のニュースに頭が痛くなる状況が続いている。昨年までの大企業の史上空前の利益というニュースに全く連動しないままに、相変わらず厳しい状況にあったわが社は、金融不安と株価下落には強く連動し、一層悪い方向に進んでいる。言い換えれば、小泉政権による虚業(金が金を呼ぶ産業構造)の深化によって「格差拡大」が進み、その中で零細企業は生きるか死ぬかのギリギリの状況であった。そこに、昨年夏以降のサブプライム問題が勃発(虚業の矛盾拡大)し、関係なかったはずの庶民の生活水準に打撃を一層与えてい... [続きを読む]

受信: 2008/10/21 09:51

« 新しい灯が点された。 若者たちの自覚と逆境を変える強い意志。 いよいよ日本にも始動。 | トップページ | 主権者が怒れば政治は変えれる »