« これでも日本が「言論自由の国」だって? 金王朝を批判できるのかなぁ? | トップページ | 秋を告げる »

自民党起死回生の妙手。 この一手。

列島中の眼冷ややかな中で、またまた、たらい回しで、麻生自民党が生まれました。 しかし、自民党には、ジリ貧の中でも唯一の起死回生の妙手があります。

それは、国の基本法であり、民主主義の原点である日本国憲法を「誠実に遵守する」ことを麻生総裁がまず、国民の前で宣言し、国民に誠実に憲法の遵守、憲法を生かす政治をすることを約束することであります。

今までの悪政の根拠として「憲法をないがしろにして来た」ことについても、真摯に国民にお詫びをすることも大変大事なことです。 

そうすれば、主権者国民は間違いなく自民党を信頼し、心から支持するでしょう。

しかし、それなければ、今度こそ国民は自民党に引導を渡すこと必定です。 政治は国民のためのものであり、主権者国民は国の主人ですから。

#日本国憲法の平和と民主主義、生活向上、地方自治の理念と条項lを生かすような政治を誠実に行えば、国民の幸せは必ず実現出来るのです。 これは、人類史で証明されて来た、自明の理でもあるからです。

|

« これでも日本が「言論自由の国」だって? 金王朝を批判できるのかなぁ? | トップページ | 秋を告げる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/42564716

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党起死回生の妙手。 この一手。:

» 【金満ローゼン】政権政党と言い張るならば、予算委員会での論戦に応じよ【最後の首相】 [ステイメンの雑記帖 ]
↑ ガスパーチョさんの 「とりあえずガスパーチョ」 より借用しました。 金満ローゼンの近著『とてつもない日本』の表紙と帯をパロディです。  21日午後、民主党の小沢代表は政権奪取に向け自らの所信を堂々と表明したが、真っ向から対峙するシロアリ政党ジミンにおいても延々と続いた総裁選がようやく終了し、 下馬評通り金満ローゼン が地方票では全体の95%に当たる134票を獲得するなどトータル351票を集め 圧勝 を納めた。 まぁハッキリ言ってこの 結果は最初からわかりきった予定調和 であり、何の驚きもない。む... [続きを読む]

受信: 2008/09/23 11:12

» 麻生語録アレコレと [瀬戸智子の枕草子]
新総裁 麻生氏 発言録なぁんて記事を見つけました。 あらっ〜〜〜〜〜 これは、ま [続きを読む]

受信: 2008/09/23 11:55

» 政界の粗大ゴミ・森喜朗、日本の粗大ゴミ・自民党 [狐と狸とカラスどもに怒りを]
猿には猿の知恵。 まあ実現すればサプライズには違いないが、この国にとってなんら益するところのない思いつきに過ぎない。 「森喜朗幹事長」構想 「晩節汚したくない」と断る (asahi.com 9/24) 記事によると、麻生は安倍を使って森に幹事長就任を打診していたらしい。幹事長ポストは自派で獲るつもりの森は三番番頭の町村を幹事長にさせるつもりでいたようだ。 その2日後。森氏の電話が鳴った。麻生氏からだった。  「幹事長になってもらうことを決めています」  森氏が答えに窮すると、麻生氏は... [続きを読む]

受信: 2008/09/24 17:36

« これでも日本が「言論自由の国」だって? 金王朝を批判できるのかなぁ? | トップページ | 秋を告げる »