« 官僚が悪政の元凶だって?(再掲) | トップページ | 日本国憲法の平和理念。平和条項。国民の平和実現。世界の宝だ。 »

茶番劇 総裁選の内幕が浮き彫りにされて来ました

福田の政権放棄により日本の民主政治が崩壊していくことを憂いている様々な識者の方々が、今回の総裁選という茶番劇を厳しく批判しております。そのうちの一つです。
http://igajin.blog.so-net.ne.jp/

------------------------------------------
 「目くらまし」というのは、改造内閣の発足時に福田さんが麻生さんに「あうんの呼吸」で行った政権禅譲密約の誤魔化しです。できるだけ華々しく総裁選を盛り上げて、密約疑惑をかき消そうと画策しているわけです。
 「前景気」というのは、総裁選直後に行われようとしている解散・総選挙対策です。できるだけマスコミと国民の目を惹き付け、少しでも自民党を売り込んで支持率を高めようと目論んでいるわけです。
 そのためには、麻生さんと与謝野さんの一騎打ちでは困ります。老若男女取り混ぜてにぎにぎしく総裁選を演出し、メディア・ジャックのために顔をそろえたのが立候補した5人でした。・・・
-------------------------------------------

|

« 官僚が悪政の元凶だって?(再掲) | トップページ | 日本国憲法の平和理念。平和条項。国民の平和実現。世界の宝だ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/42442220

この記事へのトラックバック一覧です: 茶番劇 総裁選の内幕が浮き彫りにされて来ました:

« 官僚が悪政の元凶だって?(再掲) | トップページ | 日本国憲法の平和理念。平和条項。国民の平和実現。世界の宝だ。 »