« 向学心のある若者達を大切に!! 国の責任は大きい。 | トップページ | 「姥捨て山」以下の日本列島 »

石原銀行誕生のおさらい

テレビでは、連日都議会での石原銀行(新銀行東京、2005年発足)問題が報道されております。都民の莫大な血税が注ぎ込まれている問題ですので、大変な関心がもたれております。

石原銀行誕生の頃を忘れてしまっており、議会での論議を視聴していてもいささかとまどってしまいます。 ちょっと、誕生当時をなぞってみました。

新銀行東京が設立される前の二〇〇四年予算都議会で新銀行の設立と一千億円出資の案件が論議されました。 石原都知事は「一千億円の出資がやがては数兆の値になる」と大見得をきっていました。 自民、民主、公明各党の賛成で設立は強行されました。共産党が反対しておりました。

いずれにしても、今後も含めて都民の台所に直結する大問題です。都民の付託を受けた都議会議員、各党がどのように発言し、どのように対処するのか大いに関心が持たれます。

|

« 向学心のある若者達を大切に!! 国の責任は大きい。 | トップページ | 「姥捨て山」以下の日本列島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/40485954

この記事へのトラックバック一覧です: 石原銀行誕生のおさらい:

» 新銀行東京、TWSを通じ絵画を購入(’05年) [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
銀行に絵がないと殺風景でしょうか。都民の税金をつぎ込んで大きくコケたというのに新たにこんな事実が。 http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY200803170079.html >東京都が1000億円を出資し、経営難に陥っている新銀行東京が05年秋、石原慎太郎知事の提唱した文化振興事業「トーキョーワンダーサイト(TWS)」を通じ、絵画3点を約52万円で購入したことが分かった。 新銀行東京は、中小企業に積極的な融資を行うことを宣伝していますが、そうい... [続きを読む]

受信: 2008/03/18 17:19

« 向学心のある若者達を大切に!! 国の責任は大きい。 | トップページ | 「姥捨て山」以下の日本列島 »