« 「姥捨て山」以下の日本列島 | トップページ | 政治という川の流れ »

散歩に行くぞぅ

Nanohana_001s2  菜の花の小路を、

 春風に吹かれて。

|

« 「姥捨て山」以下の日本列島 | トップページ | 政治という川の流れ »

コメント

 すいません。
 ここにコメントを書いたつもりが、前の「石原銀行」に書き込んでしまいました。
 悪しからず。

投稿: morichan | 2008/04/04 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53299/40518709

この記事へのトラックバック一覧です: 散歩に行くぞぅ:

» 独裁者石原と自・公から担保を取れ [関係性]
 あの狂気が表に出た。  「提案者として取るべきは、都民に役立つ銀行として再生させることだ」  「私が社長ならもっと大きな銀行に」  「私にも『責任』がありますよ。墜落寸前の銀行を上昇させることだ」  「私一人が発想して行政が動くわけではない」 「無駄になるかならないか黙って結果を見てください。今から水をぶっかけるようなことを言ってはだめですよ」  「世論気にして政治できぬ」  自民党・公明党の賛成多数で400億円追加出資を可決した。金利が高く無担保無保証融資を止めた新銀行東京はすでに全く中小企業... [続きを読む]

受信: 2008/04/01 11:15

» 末期戦中派はかく思う [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
「志衰えし日はいかにせましな」(三好達治)、「春が来たってなんになろ」(中原中也)という感じのこの頃ですが、でも生きている限り闘いはやめません。 現在の世相を見ると、政治家はいなくて、アメリカさんのいうとおり日本を売り渡す以外は何の理想もない、権力亡者の政治屋ばかりなのは、困ったことです。 日銀総裁が空席になったと大騒ぎしていますが、大蔵官僚との密約とかで元大蔵次官を出して文句がついたのに、またわざわざ他の元大蔵次官を出すからいけないのです。今総裁代行の白川さんを出せば、なんの問題もなく解決した... [続きを読む]

受信: 2008/04/01 18:02

» 種と牙 [関係性]
 私は都会で戦っている。少なくてもそう思っている。しかし、その敵が目の前にいる訳ではなく、制度や利権や法律であったりする。  毎日のビジネスでの葛藤も含めて、全てのニュースに怒りをおぼえない日はない。  頭脳は冴え渡り、疲れ果て、そして、家路に着く。  こんな様子を家では出すまいと思いつつ、女房には見抜かれているようだ。    心のやすらぎには音楽と詩がよい。  でも、私は空想の世界の詩が決して好きではない。世界を大きく客観的に見て、それでいてその一部に自分を据えている詩であり、自らの責任も踏まえた... [続きを読む]

受信: 2008/04/10 15:01

» 4/24学習会「憲法を巡る情勢と今後の政治日程」報告 [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
政治情勢が目まぐるしく動く(あるいは、停滞している)中、「護憲+」(+有志)は、去る4月24日、東京新聞論説委員の菅沼堅吾氏をお招きし、表記の学習会をしました。その内容を以下にご紹介・ご報告します。 ☆★学習会「憲法を巡る情勢と今後の政治日程」★☆ 日時:4月24日(木)18:00〜21:30 場所:「フリースペース 朔」(東京・水道橋) 講師:東京新聞論説委員 菅沼堅吾氏 〔論旨〕 政治というのは、将来の目的を見据えて、逆算して政治日程を決めている。自民党は結党以来憲法改正を党是にしてきた... [続きを読む]

受信: 2008/04/27 10:03

« 「姥捨て山」以下の日本列島 | トップページ | 政治という川の流れ »